アニメの目

  • -- - -- --
カテゴリ:
スポンサー広告
コメント:
-
トラックバック:
-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ:
2012冬期
コメント:
0
トラックバック:
0

未来日記: 我妻由乃のその後

久しぶりにアニメそのものに関するエントリを書きます。とは言っても極めて思い付きのことなんですけど、以前書いたヤンデレの確立はならない:我妻由乃に関する覚え書きというものの、その後について(元記事は読んでいただかなくても結構です)。

スポンサーサイト

全文表示: 未来日記: 我妻由乃のその後

カテゴリ:
2012冬期
コメント:
0
トラックバック:
0

アマガミSS+ 第1話, 第2話 絢辻詞編 : 「一生許さないからっ!」

巷では梨穂子も終わってしまったというのに、やっとこさ絢辻さん見ました。可愛かったです。で、1期よりもレトリックというか、脚本がオシャレなことをしてきている(ような気がする)ので、そこら辺を中心に軽く。

全文表示: アマガミSS+ 第1話, 第2話 絢辻詞編 : 「一生許さないからっ!」

カテゴリ:
2012冬期
コメント:
0
トラックバック:
0

偽物語 第1話 「かれんビー 其ノ壱」 : 距離の表現について

もう2話が放送されてしまいましたが、1話についてです。2話はまだみておりませぬ。

『化物語』に関して、面白かったし楽しんだんだけど、「結局なんだったのか」を突き詰めて考えられなくなって(それで、途中から感想もフェードアウトしたりした)、若干消化不良気味でした。その後、2、3回は通して見直したりもしたんだけど、それでも少なからずもやもやが残っていて、今回の『偽物語』に関しては、『化物語』で捕まえきれなかったなにかに迫りたいなーなんて思いながら見ています。

しかし、会話劇はやはり面白い。

全文表示: 偽物語 第1話 「かれんビー 其ノ壱」 : 距離の表現について

カテゴリ:
2011秋期
コメント:
0
トラックバック:
0

三日月夜空は友達が出来ない

最終話まで視聴完了しました。『はがない』についてですが、夜空、それから夜空が作った隣人部を中心にちょびっと書きます。

もちろん魅力は他にもたくさんあって、『はがない』に貢献したキャラクターならば肉、個人的な好みで言うと理科、ロリコン論としてはマリア&小鳩も措いておくには惜しいし、主人公像として小鷹が特殊だなあというのも感じているんだけど、ここは敢えてピンポイントで夜空だけをおさえます。

全文表示: 三日月夜空は友達が出来ない

カテゴリ:
2011秋期
コメント:
0
トラックバック:
1

ましろ色シンフォニー 第1話 「ましろ色の出会い」 : 静けさという場

完全に予想に反してストライクゾーンにぶち込まれた感じ。いい意味で期待を裏切られました。優しさとか寂しさとか嬉しさが全部「静けさ」の中に解け入っているような、このAパートがとにかく好みです。

全文表示: ましろ色シンフォニー 第1話 「ましろ色の出会い」 : 静けさという場

カテゴリ:
2011秋期
コメント:
0
トラックバック:
0

C3 第1話 「布団に移るものを知らない」 : どうしてルービックキューブは四角いの?

最近慢性的に頭痛がしていて、すごく調子が悪いです。まあ、このエントリのタイトルを呼んでいただいたら、いかに頭の悪いことを考えているのかはよく分かるかと思います。

が、実際に「なんでルービックキューブは四角いんだ?」ということが、もう少し正確に述べるなら「なんで四角いルービックキューブがここで出てくるの?」ということが気になってしまったので、そのことについて少々。

全文表示: C3 第1話 「布団に移るものを知らない」 : どうしてルービックキューブは四角いの?

カテゴリ:
2011夏期
コメント:
0
トラックバック:
0

うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVE1000% を見て思ったこと: 女性ファンの貪欲さ

全話見ました。1話のライブ映像から「これはアリ」感が感じられて、各話楽しく見られたアニメでした。女性向けのゲームが原作ということもあり、(特に終盤あたりで)ちょっと引っかかる部分というか、気になる部分というか、興味深い展開が見られたので、そのことについてちょっと書こうと思います。

全文表示: うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVE1000% を見て思ったこと: 女性ファンの貪欲さ

カテゴリ:
2011夏期
コメント:
0
トラックバック:
0

セイクリッドセブン OP:ルリの視線がもたらす動き

なぜ急にOPについて語り始めたかというと、ぶっちゃけ視聴が追いつきそうになく、それでも何とか記事を上げていきたいという悩みから、「それなら今でも変わっていない(であろう)OPについて書けばいいや」まさか本当に変わっていようとは(9月9日追記)という安直なアイディアだったわけですが、そもそもこの段階に来てようやくOPの話をするって、余計におくれているような気がしないでもない。

全文表示: セイクリッドセブン OP:ルリの視線がもたらす動き

お知らせ
最新のエントリ
カテゴリ

アニ☆ブロ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。