アニメの目

  • -- - -- --
カテゴリ:
スポンサー広告
コメント:
-
トラックバック:
-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ:
2012冬期
コメント:
0
トラックバック:
1

あの夏で待ってる: 視聴者の目はどこにある - その2

この記事の続き。48時間以内にその2を書く、と明言しておきながら約一週間も経ってしまったことに関しては、弁解したいですが、その余地は全くありません。達成できる約束を、と何度も言っているのに、申し訳ないです。

で、これは気を取り直してその2です。

スポンサーサイト

全文表示: あの夏で待ってる: 視聴者の目はどこにある - その2

カテゴリ:
2012冬期
コメント:
0
トラックバック:
1

あの夏で待ってる: 視聴者の目はどこにある - その1

さて、前クールのオリジナルアニメ『あの夏で待ってる』について、あーでもないこーでもないと言う時間がやって参りました。というのも、毎話楽しかったようで、なんか見るの辛かったようで、全体を通して考えても、果たしてこれは面白かったのかどうかがイマイチ判然としていないのです。

書き出しのこのあまりの自信のなさに、ブログ訪問者の方々は当然不安になっているのでしょうが、実はこの前フリも内容と強くリンクしているのでご期待下さい。(いや、そんなに期待しないで下さい)

全文表示: あの夏で待ってる: 視聴者の目はどこにある - その1

カテゴリ:
2012冬期
コメント:
0
トラックバック:
0

未来日記: 我妻由乃のその後

久しぶりにアニメそのものに関するエントリを書きます。とは言っても極めて思い付きのことなんですけど、以前書いたヤンデレの確立はならない:我妻由乃に関する覚え書きというものの、その後について(元記事は読んでいただかなくても結構です)。

全文表示: 未来日記: 我妻由乃のその後

カテゴリ:
2012冬期
コメント:
0
トラックバック:
0

アマガミSS+ 第1話, 第2話 絢辻詞編 : 「一生許さないからっ!」

巷では梨穂子も終わってしまったというのに、やっとこさ絢辻さん見ました。可愛かったです。で、1期よりもレトリックというか、脚本がオシャレなことをしてきている(ような気がする)ので、そこら辺を中心に軽く。

全文表示: アマガミSS+ 第1話, 第2話 絢辻詞編 : 「一生許さないからっ!」

カテゴリ:
2012冬期
コメント:
0
トラックバック:
0

偽物語 第1話 「かれんビー 其ノ壱」 : 距離の表現について

もう2話が放送されてしまいましたが、1話についてです。2話はまだみておりませぬ。

『化物語』に関して、面白かったし楽しんだんだけど、「結局なんだったのか」を突き詰めて考えられなくなって(それで、途中から感想もフェードアウトしたりした)、若干消化不良気味でした。その後、2、3回は通して見直したりもしたんだけど、それでも少なからずもやもやが残っていて、今回の『偽物語』に関しては、『化物語』で捕まえきれなかったなにかに迫りたいなーなんて思いながら見ています。

しかし、会話劇はやはり面白い。

全文表示: 偽物語 第1話 「かれんビー 其ノ壱」 : 距離の表現について

カテゴリ:
未分類
コメント:
0
トラックバック:
0

話数単位で選ぶ、2011年TVアニメ10選

乗っかってタイトルと一言だけ簡単に。

原則としては、2011年内にテレビで放送、順位付けなし、1タイトル1話までで選んでおります。

全文表示: 話数単位で選ぶ、2011年TVアニメ10選

カテゴリ:
未分類
コメント:
0
トラックバック:
0

【連載】《内向》をめぐる議論 #0: ヨスガノソラ+東京マグニチュード8.0

本日12月31日、コミックマーケット81の東P-23aブースにて頒布されますアニメブロガー合同誌「アニ☆ブロのほん にさつめっ!」に寄稿した『明るくない部屋:物語としてのヨスガノソラ』について、僕自身の感覚として、書きたいことを書き尽くせていない感じが若干残っていて、まだまだブラッシュアップできるなあと考えています。

それは決して合同誌に中途半端なものを載せたというわけではありません。あれに関してはかなりの時間を費やして仕上げていて、僕の精一杯を出し切りました。

ただ、字数の制限 実はオーバーしてしまっています。申し訳ないです。 や合同誌の趣旨などもあり、一部「意図的に避けた部分」が残っています。なので、寄稿した『明るくない部屋』については、それで完成した文書と見なしていただくとして、それを補完し、他に語りたいことに繋げるような記事を、個人のフィールドであるブログで書いてみようと思ったわけです。

全文表示: 【連載】《内向》をめぐる議論 #0: ヨスガノソラ+東京マグニチュード8.0

カテゴリ:
2011秋期
コメント:
0
トラックバック:
0

三日月夜空は友達が出来ない

最終話まで視聴完了しました。『はがない』についてですが、夜空、それから夜空が作った隣人部を中心にちょびっと書きます。

もちろん魅力は他にもたくさんあって、『はがない』に貢献したキャラクターならば肉、個人的な好みで言うと理科、ロリコン論としてはマリア&小鳩も措いておくには惜しいし、主人公像として小鷹が特殊だなあというのも感じているんだけど、ここは敢えてピンポイントで夜空だけをおさえます。

全文表示: 三日月夜空は友達が出来ない

カテゴリ:
未分類
コメント:
0
トラックバック:
1

ヤンデレの確立はならない:我妻由乃に関する覚え書き

ヤンデレ界の最後の刺客とも言われる我妻由乃(『未来日記』)が大変よく暴れています。もともとツンデレとかヤンデレとかいう枠組みは、振り幅が広いためにいろんな《設定》あるいは《状況》にマッチするだけの、汎用的で量産性を保証するアイデアに過ぎないと理解し、ネタとしては楽しみながらも、それ以上のことは考えてきませんでした。

ただ、この由乃っちは少し違うなあというふうに感じていて(現在は第5話まで視聴)、ちょっとヤンデレっていうものを捉え直してみようかな、と思い、考えを簡単に(とは言っても結構長い)書き留めておきます。

全文表示: ヤンデレの確立はならない:我妻由乃に関する覚え書き

カテゴリ:
2011秋期
コメント:
0
トラックバック:
0

2011年秋アニメ 1話印象 ⑦ : LAST EXILE-銀翼のファム-,僕は友達が少ない,UN-GO,ギルティクラウン

かなり時間がたっていますが、これで最後の1話感想エントリです。

今回はなぜか苦言が多いような気もしますが、きっと実生活での微妙な忙しさと暇さのバランスが影響してのことと思われます。そういうテンションの低いバイアスがかかっているものとしてご覧ください。

全文表示: 2011年秋アニメ 1話印象 ⑦ : LAST EXILE-銀翼のファム-,僕は友達が少ない,UN-GO,ギルティクラウン

お知らせ
最新のエントリ
カテゴリ

アニ☆ブロ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。