アニメの目

  • -- - -- --
カテゴリ:
スポンサー広告
コメント:
-
トラックバック:
-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ:
未分類
コメント:
0
トラックバック:
0

話数単位で選ぶ、2011年TVアニメ10選

乗っかってタイトルと一言だけ簡単に。

原則としては、2011年内にテレビで放送、順位付けなし、1タイトル1話までで選んでおります。

スポンサーサイト

全文表示: 話数単位で選ぶ、2011年TVアニメ10選

カテゴリ:
未分類
コメント:
0
トラックバック:
0

【連載】《内向》をめぐる議論 #0: ヨスガノソラ+東京マグニチュード8.0

本日12月31日、コミックマーケット81の東P-23aブースにて頒布されますアニメブロガー合同誌「アニ☆ブロのほん にさつめっ!」に寄稿した『明るくない部屋:物語としてのヨスガノソラ』について、僕自身の感覚として、書きたいことを書き尽くせていない感じが若干残っていて、まだまだブラッシュアップできるなあと考えています。

それは決して合同誌に中途半端なものを載せたというわけではありません。あれに関してはかなりの時間を費やして仕上げていて、僕の精一杯を出し切りました。

ただ、字数の制限 実はオーバーしてしまっています。申し訳ないです。 や合同誌の趣旨などもあり、一部「意図的に避けた部分」が残っています。なので、寄稿した『明るくない部屋』については、それで完成した文書と見なしていただくとして、それを補完し、他に語りたいことに繋げるような記事を、個人のフィールドであるブログで書いてみようと思ったわけです。

全文表示: 【連載】《内向》をめぐる議論 #0: ヨスガノソラ+東京マグニチュード8.0

カテゴリ:
未分類
コメント:
0
トラックバック:
1

ヤンデレの確立はならない:我妻由乃に関する覚え書き

ヤンデレ界の最後の刺客とも言われる我妻由乃(『未来日記』)が大変よく暴れています。もともとツンデレとかヤンデレとかいう枠組みは、振り幅が広いためにいろんな《設定》あるいは《状況》にマッチするだけの、汎用的で量産性を保証するアイデアに過ぎないと理解し、ネタとしては楽しみながらも、それ以上のことは考えてきませんでした。

ただ、この由乃っちは少し違うなあというふうに感じていて(現在は第5話まで視聴)、ちょっとヤンデレっていうものを捉え直してみようかな、と思い、考えを簡単に(とは言っても結構長い)書き留めておきます。

全文表示: ヤンデレの確立はならない:我妻由乃に関する覚え書き

カテゴリ:
未分類
コメント:
0
トラックバック:
0

けいおん!! 第20話 「またまた学園祭!」 で思ったこと

最近どうも「日常系」なる日本語をやたら頻繁に目にするようになったので、これ以上人様の考えを自分の考えだと錯覚しないうちに自分なりの考えをまとめておかねばなるまいと思い、こうやってちょっと書いている次第であります。ちょうど稀代の日常系アニメ『けいおん!!』がひとつのクライマックスを迎えたのでいい機会でもあるしね。

ああ、だからこれ『けいおん!』の感想ではないんです。いちおう始めにことわっておきます。

全文表示: けいおん!! 第20話 「またまた学園祭!」 で思ったこと

カテゴリ:
未分類
コメント:
0
トラックバック:
0

『生徒会の一存』と『化物語』にみるハーレム主人公像

さて、「意外と面白い」だの「クソつまらん」だの最初2, 3話のあいだは色々と話題が飛び交った『生徒会の一存』でしたが、終盤はかなり評価も安定していたんじゃないかと思います。とは言っても、『一存』に関しては他の感想ブログで文章を読むことがほとんどなかったから、ただ単に飽きられただけ、話題性が薄れただけなのかもしれませんが。

全文表示: 『生徒会の一存』と『化物語』にみるハーレム主人公像

カテゴリ:
未分類
コメント:
0
トラックバック:
0

ドルアーガの塔 ~the Sword of URUK~ 第12話 「つないだ手は」

何だかんだで2期全部見てしまったドルアーガの塔。
1期のファティナらめぇ事件に始まり、2期ではひぎぃと言ってみたり(どっちもファティナじゃねーか)ネタとしての要素は強かったものの結局何がしたいアニメなのか分からなかったのが、最終話にして初めてまともな意味で面白いと感じたので感想を書きます。

全文表示: ドルアーガの塔 ~the Sword of URUK~ 第12話 「つないだ手は」

お知らせ
最新のエントリ
カテゴリ

アニ☆ブロ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。