アニメの目

  • -- - -- --
カテゴリ:
スポンサー広告
コメント:
-
トラックバック:
-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ:
2010冬期
コメント:
0
トラックバック:
0

バカとテストと召喚獣 第3話 「食費とデートとスタンガン」

明久、姫路さん、島田さんの三角関係と見せかけ、そこに清水さんが入ってきてバカ四角関係と見せかけ、さらにホモな久保利光が加わって、もうただのカオスな五角関係に発展。なんだか普通ならざる恋愛感情が見える気もするけど、まぁそこはスルーで。

スポンサーサイト

全文表示: バカとテストと召喚獣 第3話 「食費とデートとスタンガン」

カテゴリ:
2010冬期
コメント:
0
トラックバック:
0

デュラララ!! 第3話 「跳梁跋扈」

ちょうりょうばっことはまた随分とひどい言葉を。字面も音の響きもどっちも悪い言葉って、そうそうあるものでもないんじゃないかと、そんな全然どうでもいいことを思いました。

全文表示: デュラララ!! 第3話 「跳梁跋扈」

カテゴリ:
2010冬期
コメント:
0
トラックバック:
0

デュラララ!! 第2話 「一虚一実」

ふぅ。今さら2話とは言わないで。今期の感想を書いていくやつがやっとこさ決定。てか、いーかげん秋アニメの感想リストを作ったり、一番下の視聴アニメリストを更新したりしたいんだけど、そちらは少しお待ちください。

全文表示: デュラララ!! 第2話 「一虚一実」

カテゴリ:
2010冬期
コメント:
0
トラックバック:
1

ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド 第2話 「ハウリング」

ミナ姫がキャラとしてすごい特殊だと感じた。あれだけ平然と素肌をさらす少女もおるまいて。まして、その少女の肌に骨格やらの凹凸を描くことなんてまずないです。

全文表示: ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド 第2話 「ハウリング」

カテゴリ:
2010冬期
コメント:
0
トラックバック:
0

とある科学の超電磁砲 第15話 「スキルアウト」

もうここのところ完全にアニメオリジナルのシナリオに突入しているらしい。やってることは原作付きのストーリーの延長で、未だに能力者と無能力者を扱っているわけだけど、今回のスキルアウトの人っていうのはレベルアッパーで調子に乗ったアネゴ以下チンピラ勢の、もうちょっと手に負えない人々ってだけで、今のところはなんてことない展開ですね。

全文表示: とある科学の超電磁砲 第15話 「スキルアウト」

カテゴリ:
2010冬期
コメント:
0
トラックバック:
0

戦う司書 第16話 「禁書と腑抜けと聖浄眼」

人間っていうのは不思議なもので、幸せだけを追い求めているはずなのに、それすらもなかなか手に入れられないようです。

全文表示: 戦う司書 第16話 「禁書と腑抜けと聖浄眼」

カテゴリ:
2010冬期
コメント:
0
トラックバック:
1

おおかみかくし 第1話 「嫦娥町」

サスペンスっていうのは正体不明の漠然とした恐怖感を「宙ぶらりん」の状態のままにして、観る側の感情を煽るタイプのホラーだと理解しています。そう考えるとミステリーというよりはむしろサスペンスに近く、『ひぐらし』『うみねこ』で言えば『ひぐらし』寄りな印象です。

全文表示: おおかみかくし 第1話 「嫦娥町」

カテゴリ:
2010冬期
コメント:
0
トラックバック:
1

バカとテストと召喚獣 第2話 「ユリとバラと保健体育」

自分はまだまだバカテスを量りかねていると実感。だってこいつら、想像を超えてバカですよ。

全文表示: バカとテストと召喚獣 第2話 「ユリとバラと保健体育」

カテゴリ:
2010冬期
コメント:
0
トラックバック:
0

とある科学の超電磁砲 第14話 「特別講習」

レベルアッパー事件の後日譚的なお話。

全文表示: とある科学の超電磁砲 第14話 「特別講習」

カテゴリ:
2010冬期
コメント:
0
トラックバック:
0

戦う司書 第15話 「少女と少女と神の寝床」

少女と少女の物語。ミレポックは自分がヴォルケンの記憶を消したということを知らないはずなのに、アルメとの会話の中にはおぼろげながらその記憶が残っているんじゃないかと思わせるような言葉があったのが印象的。

全文表示: 戦う司書 第15話 「少女と少女と神の寝床」

お知らせ
最新のエントリ
カテゴリ

アニ☆ブロ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。