アニメの目

  • -- - -- --
カテゴリ:
スポンサー広告
コメント:
-
トラックバック:
-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ:
2009春期
コメント:
0
トラックバック:
1

戦国BASARA 第1話 「蒼紅 宿命の邂逅!」

伊達政宗がなぜかバイクっぽく改造をされてしまった馬にまたがり、なぜかハンドル(手綱?)も持たずに胸の前で腕を組んで、これまたなぜか流暢な英語を喋りながら野郎どもを引き連れて野を駆けている、あの最初のシーンを目にした瞬間に理解しました。
これは歴史アニメではない。

謙信、信玄ってとNHK大河ドラマ天地人的にも今が旬。(両名ともすでに死にましたが)
まぁ大河ドラマに限らずとも戦国時代の物語は様々な形で映像化されているし、メディアを問わず小説や漫画でも好まれるジャンルです。

でも伊達、真田、武田、上杉、織田と誰でも知っているような実在の人物を並べていて、ここまではっちゃけた作品にしたのって他にないと思うんですよ。

だって、伊達と真田の戦いが始まるなりふたりとも空に向かって飛んでいくんですよ。伊達の兵は真田が初撃を受けたことに驚いていたけど、視聴者のほとんどはふたりがテンションマックスで光になって空に飛び上がったことに驚いたことでしょう。

あぁ、もうどこからつっこんでいいのか、それともつっこんだら駄目なのか、そういう意味で混乱しています。
何はともあれテレビの前で笑い転げていました。とにかく、なんかすごかった。

そんな感じでどこかのネジが緩んでいるのか、それともそんなもの初めから存在しないのか、バトルは滅茶苦茶、武将のキャラも崩壊していましたが、真面目なところは真面目でしたね。

あんな熱血ギャグを挟みながらも戦国時代の「国取り」は意識しているし、各国の思惑は理にかなっていたり。思惑って言っても陰謀とか策略とか、そういう暗いイメージじゃなくて、キャッチコピー「Let's party!」的に「さぁ暴れるぜ!」みたいな、戦国時代を謳歌するための考えですよね。

ハイテンションで非常にバカっぽいんだけど実はバカじゃない。1話はそんな印象でした。

IGのレベルはやっぱり相当なものだよなぁと思ったり。でもIG作品で初めて制作側も楽しんでるんじゃないかなと思えたんですよ。楽しく作ったものって、見ても楽しいじゃないですか。勿論例外はありますけど、基本は楽しく作って楽しく見るのが理想のはず。

こういうアニメも悪くないと思いますよ。

話はそれますがMFフラッパーの『BRAVE 10』が読みたいです。

コメント


コメントを管理人にだけ表示させる

トラックバック

◎戦国BASARA第一話蒼紅宿命の邂逅! from ぺろぺろキャンディー 2009-04-11

戦国バサラ始まった。初回だから内容はよくわからなかったけど、武田信玄が元気なおっさんということだけはよくわかった。原作は、カプコンのゲームらしい。PSPもってるのでちょっとだけ欲しいような欲しくないような。戦国BASARAのリンク「公式サイト」「Wikipedia」「関...

このエントリにトラックバック
お知らせ
最新のエントリ
カテゴリ

アニ☆ブロ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。