アニメの目

  • -- - -- --
カテゴリ:
スポンサー広告
コメント:
-
トラックバック:
-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ:
アニメ情報
コメント:
0
トラックバック:
0

神戸芸術工科大で新海誠が特別講義

『秒速5センチメートル』『雲の向こう、約束の場所』『ほしのこえ』などアニメーション映画をはじめ、ショートムービーやゲームのオープニングムービーなど、アニメーション界で活躍する新海誠が神戸にやってくる!

7月1日(水)14:40から神戸芸術工科大で特別講義とのこと。

時間は90分程度ということなんですが、「アニメーションを作りたい」と思っている学生向けの話だそうです。自作データの持ちこみ・実演もあるとか。

行きたい! 話を聞きたい!

いや、僕自身は完全に観る側の人間だと思ってるからあんまり関係ない講義になると思うんですけどやっぱり生で新海の話を聞いておきたいなっていうのはあります。

「こんな注目アニメーターがいる」ってことで『ほしのこえ』をはじめて観たときは、正直「ふぅん」って感じでした。儚さや切なさを感じるだけで大したインパクトもなく、何よりも何を言ってるのか聞き取り辛いってのがネック。でも、その後観た『雲の向こう、約束の場所』でかなりショックを受けました。

世界に引き込まれる感じ。淡白な展開なのになんでだろう? ってことでかなり頭を悩ませました。

『秒速5センチメートル』はあまりに日常的。なんてことない普通の少年がいろいろと思いをめぐらせながら大人になっていく様子を描いただけのアニメーション。「どんなストーリー?」って聞かれたら3行で答えられるほどシンプル。

でもそんなただの物語から目が離せなくなり、引き込まれて、最終的にはちょっとジーンときちゃうんですよね。そういう魅力があります。

それを「切ない」とか既成の単語ひとつで表現したくはないんです。新海作品の魅力の解析は僕の悲願と言っても…… いや、それは過言だ。

悲願ではないけど、やっぱり自分なりに答えを出したい問題ではあります。直接見て、話を聞いて、同じ空間で90分過ごすだけでも、きっと理解の助けになるでしょう。

てなわけで行きたいです! 神戸の学園都市なら電車で2時間くらい。そんなに遠くもない!
……でも水曜は大学をサボるわけにはいかないんだなぁ。

てなわけで諦めます。どこかのブログでレポ的なものが上がるのを期待して。

まぁ僕は行けませんが、もし次の水曜の午後時間が空いているという方がおられましたら是非神戸芸術工科大へ。なんならこんな話だったよーって報告でもしていただけると泣いて喜びます。

コメント


コメントを管理人にだけ表示させる

トラックバック

このエントリにトラックバック
お知らせ
最新のエントリ
カテゴリ

アニ☆ブロ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。