アニメの目

  • -- - -- --
カテゴリ:
スポンサー広告
コメント:
-
トラックバック:
-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ:
2009春期
コメント:
0
トラックバック:
0

けいおん! 第11話 「ピンチ!」

世間さまは今日で放送終了かーとか考えながら2週遅れのけいおん! シリアス回です。

基本的にはいつもと同じ感じでアホをやってるわけだけど、律が和にジェラシー感じたりして軽音部内の関係に波紋が広がるわけですが……

まぁ強いて結論だけ言わせてもらうなら澪の旦那さんは律ってことくらいか。全国○十万のファンが澪を脳内嫁にしたところでりっちゃんには勝てますまい。

唯が相変わらず天然でボケをかましたり、紬が相変わらずお嬢様してたり、梓が相変わらずかわいいかったり。小ネタのひとつひとつが面白く感じられるのは、ここまで10話で積み上げてきたキャラ像のおかげかな。

観てると本当に思うんです。キャラの性格に関してかなり細かい部分まで描き込まれているアニメですよ。例えば鞄の持ち方にしてもそれぞれです。澪はあんまり鞄を肩で担がない。特にベースを肩に掛けてるときは、鞄は逆の手で持ってます。それに対して唯は両肩で鞄とギターを担いだりしてます。よくよく見るとちょっとおかしい(と言うかかっこ悪い)んですが、唯はそんなこと気にしない子ですから。

皆で楽器を見に行くとき唯がなかなか横断歩道を渡って来れなかったのに、憂との待ち合わせにやってきた梓は右見て左見てさっさと道を横断してきたりもします。

何気ない行動にこそ、その人の性格が映る。そんな所かもしれないけど、これって結構すごい。だって京アニと言えどそこそこ沢山の人で絵を書いていくわけだから、その人たちの頭の中に共通のキャラ像がないといけないってことになるでしょ? やっぱ偉大だわ、京アニ。

今回の律のジェラシーもその辺は抜かりなかったです。律の不自然な行動が自然に描かれていたし。やっぱり何もない白い紙に加算的に線や色を加えて物語を組み立てていくから、不自然を表現するのって難しいと思うんですよ。でもしっかり不自然になってた。

これも律に対する共通認識のなせる業じゃない? この場合は制作側だけの話ではなく、制作側が積み上げてきた律のキャラが視聴者まで浸透しているからこそ。

『けいおん!』の魅力はこの一体感らしきものだと思っています。

まぁキャラだけじゃなくて話の構造も意外と(と言ったら失礼だけど)しっかりしてます。普段は軽くネタを混ぜつつテンポのいい展開で、構造的な部分はあんまり見えないんだけど、今回の「ピンチ!」はいろいろと見えてきました。

まず唯がギー太を愛でながらもメンテナンスをしてなかったから弦がボロボロになってしまっていたっていうエピソードを導入にして、澪と律の人間関係をクロースアップ。ここに関連性があるのは明らかでしょう。

ギターは楽器屋に持っていって修理してもらえば直るけど、残念ながら律も澪も人間ですから。二人の間に亀裂の走るきっかけになった「レフティフェア」なんですけど、これを発見してあげたのって律なんですよね。「楽器屋に入っても楽しいことないし」って鬱だった澪を天国に連れて行ってあげたのも、その天国から澪を連れ帰ったのも律ってのはなかなか因果な感じですよね。澪からしたら律が自分の楽しい時間を奪ったって印象になっちゃうんですよ。

唯がギターに名前を付けてるって知ったとき「名前付けてたんだ」って澪も律もツッコミを入れるんだけど、そのタイミングが違ったのからも澪と律の差を感じます。修理の終わったギー太が帰ってきたときに唯がギー太に抱きついた、そのときに律はツッコミを入れてるんだけど、澪はそのとき左利き用ベースの花園ですから。律に連れられて帰ってきてから、「名前付けてたんだ」ってツッコミを。

だって同じツッコミを2回もするなんて不自然ですもん。これはきっとそういう意図。

そういう演出的な話をすると、ジェラシー律が澪と和の弁当の時間に割って入ったときもそう。教室は当然窓側から光が差していて、律は窓側の澪に向かって話しているのに顔は陰ってるし、体も全体に暗いです。そりゃ教室の間取りとか、太陽の傾き次第では律の立ってる位置が陰になることもあるだろうけど、でも普通に何の意図もなく描くんだったら正面から光が当たっているように描くでしょう。

と、まぁ似つかわしくない堅苦しい話をくだくだ書いてきたわけですが、えぇ場違いな感想になってるのは理解しています。そういう演出があったとしても、その演出に注目してはいけないアニメです。もっと単純にかわいい女の子を愛でるべき。

ただ、『けいおん!』もそうやってちゃんと設計してる(むしろ他のアニメよりも徹底してる)から面白いっていうことは理解しておくべき。

ほんと、もっともっと書きたいことはあるんですけど流石にこの辺で打ち切っておきます。

最後に一言。バンド名「ポップコーンハネムーン」はありだな。それから「りっちゃん、学校休んでるの」のときの紬に惚れた!

コメント


コメントを管理人にだけ表示させる

トラックバック

このエントリにトラックバック
お知らせ
最新のエントリ
カテゴリ

アニ☆ブロ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。