アニメの目

  • -- - -- --
カテゴリ:
スポンサー広告
コメント:
-
トラックバック:
-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ:
2009春期
コメント:
0
トラックバック:
0

シャングリ・ラ 第1話 「少女帰還」

個人的には今期の大本命。関東エリアでは日曜深夜が鬼畜放送のようですが、こっちでは火曜深夜が一番濃いかな。水曜朝早いのに……

炭素税、メタル・エイジ、アトラス、云々。この独特の世界観は現実をちょっと意識しているだけに逆に読み取りにくいぞ。てなわけで初監督となる(だよね?)別所監督は世界観、キャラクターの導入を同時に進めて、その間はGONZO製3DCGで楽しませようと。そういう感じでした。

にしてもGONZOさんのCGは止まる所を知らない。『ブラスレイター』『鉄のラインバレル』『シャングリ・ラ』と、気付けばそこにGONZOさん。何だかんだ言っても、結局はあそこのCGのファンなんです。

や、IGとかもすごいけどさ。GONZOにはGONZOの魅力があると思うんです。

OPムービーの時点で笑うしかなかったですもん。フルCGのクオリティはやっぱり半端ない。

さてさて、制作の話は置いておくとしてストーリーの話。

國子はどうもドゥオモ(地上)のアイドルらしいです。ま、かわいいしな。
ピョンピョン跳ねるような動きもなかなか魅力的。巨大ブーメランを振り回して戦うのも、返ってきたブーメランに蹴りを入れて止める姿も生き生きしてていい感じ。
大声張り上げて「ただいまーっ、東京ーっ!」って、あれを見ると良い子だなぁって感じますよね。

それはそうと、最近は穿いてないのが流行ですか?

アニメ界では事あるごとに魅力的なキャラとして登場するオカマキャラの動向もチェック。両性を経験すると普通の人間には見えない別世界が見えてくる…… と言うのはただのオカマ神話です。

うん、世界設定はね、おいおい掴んでいけばいいと思うんだ。
だってまだ説明がされてないもの。まだ知らなくていいことは知らなくて良いんです。ま、次回で結構な量の説明が来そうな感じなのでちょっとは覚悟しといたほうが良いかも。

それを掴み損ねると究極につまらないアニメになってしまうような気がしています。
――が、実は基礎的な部分は事前にある程度聞いてしまっているんですけどね。

環境問題、炭素税、地域格差、武装ゲリラとか小難しい要素と、派手なバトルをはじめとするSFと言わざるを得ないような滅茶苦茶な要素がどう溶け合うか。とりあえずそこに注目して観るつもりです。

そうそう、モモコ、ミーコの声が伏せられてるんですけど、やっぱりここは書かないべきですよね。クイズをやってるとか何とか。ミーコは微妙ながらモモコのあの渋い声には絶対の確信があるのですが……

コメント


コメントを管理人にだけ表示させる

トラックバック

このエントリにトラックバック
お知らせ
最新のエントリ
カテゴリ

アニ☆ブロ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。