アニメの目

  • -- - -- --
カテゴリ:
スポンサー広告
コメント:
-
トラックバック:
-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ:
2009夏期
コメント:
0
トラックバック:
1

うみものがたり 第4話 「試される心」

夏音とワリンの対立と、セドナの力で復活したらしい海賊たちとの戦い、それから夏音・ワリンがお互い認め合うという流れで、夏音のピュア度が増しました。

やっぱり目に付くのは夏音の成長。サムを見ると元カレを思い出して邪悪オーラ全開なあたりは相変わらずですが(むしろこの邪悪さは残ったほうがかわいくて良いんじゃ…)、ワリンが空人に向けている敵意は純粋にマリンを想うからこそって所にちゃんと気付けたし。

そういう純粋な心に気付けるのって、その人が純粋である証拠だと思うんですよ。

それから空人・海人の差っていうのも感じました。最終的にはうまくいったけど、たぶんワリンの反応が海人の通常の反応だと思います。洞窟から脱出して海に出たとき、海面を境にマリンと夏音が見つめあうシーンなんかは、やっぱり全く別の生き物なんだと実感。でも、そういう壁もメルカトルリングを拾いにいくっていう夏音の努力ひとつで乗り越えられるもの。

皆で逃げようってときに、唯一水中で息のできない夏音がメルカトルリングを拾いに行ったっていうのは、今回夏音の変化を一番感じる所でもあります。前前回までは「海の巫女に選ばれたて仕方ないから」とかそういう受身的な言動が目立っていたし、マリンに対してもなんとなくそっけない態度だったのに、メルカトルリングを自ら拾いに行ったのは「一緒にいよう」「一緒に戦おう」っていう素直な意思の表れじゃないかな。

と、これまで同様夏音を観た感想ですが、そろそろウリンがやばい。

そもそもセドナの封印を解いてしまったのがウリンだっていうのもあるだろうけど、彼女自身はお姉ちゃんの力になりたいと強く願っているし、その気持ち自体は純粋なんだけど、このところ夏音への嫉妬が激しい。

それは単純にマリンを取られた嫉妬であり、何もできない自分と空の巫女として戦う力を持ってる夏音を比較しての劣等感であったり。

夏音がダメダメひねくれ人間のままでいたらまだ良かったものの、ちょっと成長してきちゃってるからウリンはさらに落ち込んじゃってます。

マリンにリングを預かってほしいと言う夏音の手からリングを奪って「私が預かっとくから」っていうのが今のウリンの心境が表れている所じゃないかな。つまり、マリンと夏音の間にこれ以上の絆を作ってほしくないっていう気持ちと、リングを預かるくらいのことはできるから預からせて欲しいっていう気持ち。

そういう危ないバランスにいるから、誰かウリンをちゃんと守ってあげないといけないような気がするんですが、バカカメはデリカシーないからなぁ。やっぱりマリンとちょっとピュアになった夏音に期待するしかないのかな。

でも夏音はまだ元カレの件とかでいっぱいいっぱいだろうしなぁ…… とにかく夏音がピュアになり始めた今、一番心配なのはウリンです。

しかしそれにしても、サムのキャラ崩壊が面白い。

コメント


コメントを管理人にだけ表示させる

トラックバック

青い花 ネタバレ from ちょっとニッチなニュースダイジェスト 2009-08-02

放送前 : あなたの名前は、 覚えていたわ、 あなたの代わりに――. NEW ENTRIES. ・放送前(08/02) ・うぇ(08/01) ・(untitled)(08/01) ・(untitled)(07/31) ・わなななん(07/31) ・ダンボールいっぱい(07/30) ・青い花(07/30) ・げたばこ(07/29) ...(続きを読む) モモロ...

このエントリにトラックバック
お知らせ
最新のエントリ
カテゴリ

アニ☆ブロ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。