アニメの目

  • -- - -- --
カテゴリ:
スポンサー広告
コメント:
-
トラックバック:
-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ:
2009夏期
コメント:
0
トラックバック:
0

狼と香辛料II 第4話 「狼と浅知恵の末路」

なんかもうビックリするくらいに不吉なタイトルだったから不安だったんですけど、ロレンスもやっとこさ本気になったみたいであっちこっち走り回ってました。

この顔だよ! 2期はずっとすれ違いばかりだったけど、ロレンスのこういう顔が見たかった!

一寸先は闇っていうキーワード。商売も勝負も人間関係も、明日のことすら予測できないような危ういバランスだけど、その中で必死に知恵をめぐらして頑張って生き抜いていくのが楽しいんだと思います。

万全を期するとは言っても、どれだけ備えた所で闇は闇だから失敗することもあるわけで、特にロレンスという主人公は過去に大ポカをやらかした経験があるだけスリリングです。なんか、何もかもうまく行ってるような行程のどこかに落とし穴があるんじゃなかろうかと、気が気じゃないとはまさしくこのこと。

でも、それだけ心配するのって浅知恵をめぐらすロレンスが大好きってことに他ならないんですよね。騎士道精神はないし、うまく言葉を使ってアマーティを挑発したり、商人だから汚いこともするけど商人としての一線は誰よりも大切にしていて、そんでホロには頭が上がらない。そういう卑怯で堂々としててかっこよくてダサいロレンスが魅力的だからこそ。やっぱりキャラが描けてるのって楽しいです。

久々に商売の話。信用買いで決闘とか言葉巧みに敵から資本を集め、それで暴落の起爆剤となる黄鉄鉱を用意する。一見うまいように見えるし、実際に結構うまいやり口なんだろうけど、これってロレンスもアマーティも儲からないんじゃないかな?

いや、ロレンスからしたら現在の相場で買って売ってするだけだから絶対儲けにはならないし、この企みがうまくいくとアマーティは損をする計算。なんか不毛な争いに見えなくもないけど、方や商売人の意地、方や騎士道精神をかけての決闘な訳だから仕方ないのかな。プライドだの何だのをかけての勝負は基本的に損をするものです。でも、その勝負から降りたときに失うものも大きいんですよね。

町商人は看板が大事って言ってたけど、結局行商人だって信頼が大切なはず。日々に振る舞いはそのままビジネスに影響するかもですから。

とにかくうまくいくことを祈って。商売も、ホロもね。ロレンスがあんなにいい顔をしてるから、あとはホロの笑顔が見たいなーとか考えてます。

コメント


コメントを管理人にだけ表示させる

トラックバック

このエントリにトラックバック
お知らせ
最新のエントリ
カテゴリ

アニ☆ブロ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。