アニメの目

  • -- - -- --
カテゴリ:
スポンサー広告
コメント:
-
トラックバック:
-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ:
2009夏期
コメント:
0
トラックバック:
0

涼宮ハルヒの憂鬱 「エンドレスエイト」について

エンドレスなエイトが終わった。本当はもう一度8話通して見直してから、色々アレな点にはあえて手を付けずに「エンドレスエイトのここが素晴らしい」「ここが斬新」ってなことを書き続けて、それでも大して中身のある文章にならなくて「ほら、8週間もかけてこれだけの中身か」的な感想を書こうと思っていたんですよ。

でもなんかそうじゃないな。というのがあのオチを見せられた感想。もっと普通に感じたことを感じたままに書いてみます。こういうのは鮮度の問題だと思うので普段の感想と違って、まだ完成していない考えを吐き出していくことになると思いますが、よろしければお付き合い下さいな。

あ、原作未読者です。これはハルヒにおいて大切っぽいこと。

正直面白かったです。確かに8回も連続してやって視聴者としては「バカにすんな」と怒るか「いや、これは素晴らしい」とベタ褒めするかの二択になると思いますが、それは別にどちらでも良いんじゃないかな。考えた結果言うべきと思ったことを言えば良い。

これは原作に対する思い入れもなく、(制作とファンの関係において)とことんパッシブにアニメを観てる者の考えかもしれないけど。実際に面白いと思う点は多かったし、決して退屈とは思わなかったかな。

このちょうど2ヵ月ほどは忙しかったのもあって、眠くてアニメもまともに観れないなんてことがよくありました。実を申せば気付いたら寝てたなんてこともあったりしたんですが、それでもハルヒを観てるときは目が冴え冴えでした。

ひとつは演出。実はこの8回は京アニ内の演出コンペなんじゃなかろうかとも思ったりもしました。石原監督が見て分かるあからさまな小技を使ったのが、そう考える決定的な原因なんですけど、実際にそれぞれの絵コンテ・演出に違いがあり、その差は観ていて楽しかったです。

でも演出なんてのは末節の話であって根幹ではないはず。8回ものループを退屈だと感じなかったのにはそれなりの理由があるはずです。それが単純に新しい物に対する興味なのか、それとも話題性の問題なのか。うん、もっとなにか個人的なツボにはまる魅力があったのかもしれない。

まぁもともとこのループはアニメにおけるサービス回のループだったのが幸いしたのかな。休日に遊ぶという典型的なサービス回。プールに行けば水着が見れるし、盆踊りにいけば浴衣が見れる。楽しそうに笑うハルヒの顔も見れるし、プールでおぼれかけるみくるも見れるし、気持ち悪い笑顔の古泉も見れる。これはまさしくサービス回。

ただこのエンドレスなサービスに嫌気が差した人がいたのなら、過度なサービスはいかがなものかという教訓めいたものも感じられます。たぶん、キャラを見てキャラを楽しんでる人にとっては、特にこの過度なサービスが負担になってるような感じですね。画面の中で動き、喋るキャラを見るのを楽しみにしている人にとっては、この同じようなシークエンスは苦痛以外の何物でもなかったのかも。

で、実は一番気に入ってるのがこの宿題オチ。正直拍子抜けでした。が、実はこれってすごいこと。要するにキョンから何か提案すれば良かったんです。その提案の中身が「宿題をしよう」だったのは「宿題をしないと夏休みは終わらないよ」っていう軽いジョークであり遊び心。ハルヒが思いもしないアミューズメントをキョンが提供したことに意味がある。

2週間を1万5千回も繰り返して、それで初めてSOS団内で「これをしよう」とキョンが言えるようになれたのって、これは実は随分な変化です。そう考えると、毎度毎度みくるが「金魚すくいが~」って言っていたのも、ハルヒに「一個だけなら食べていいわよ」って言われてから「サンキュ」と言ってもらうのも、なんか全部伏線と言えないこともないんじゃないかな。

でもね、結局それだけなんですよ。たった一言「自分はこれがしたい」と言うだけ。それだけで世界は変わる。それを表現するために8週間もの重みを使ってこの「たったそれだけのオチ」を浮かび上がらせたのなら、それはそれで意味のある8週間でもあったのかな。

過度なエンドレス構成で長門の体験ってのは、たぶん違う。ハルヒの恐ろしさってのも、たぶん違う。8週間に意味があるのなら、このたった一言を言うだけで変わるっていう簡単さを表現するためじゃないかな、とか思っています。

もちろん、ハルヒのエンドレスエンドレスエイトは劇場版エヴァの間に話題を繋ぎとめておくための角川の策略というまことしやかな噂もあるわけだし、あんまり大きい事は言えないのですが。それでもエンドレスエイトが2回や3回で終わっていたらこのことに気付けなかったかもしれないと思うと、それだけで価値のあることじゃないかな、と。

もちろん他の新作エピソードを放送したほうが有意義だったかもしれませんが、僕にとっては「そこはこうするよりこうしたほうがいい」と相対的な評価をするべきところじゃないので。

話題性が半端じゃないので随分と言葉を選んでみましたが、今書きたいことは全部書けました。さて、今度時間が空いたらまとめて8話観てみるか。その時間が有意義かどうかなんてどうでも良いことです。

コメント


コメントを管理人にだけ表示させる

トラックバック

このエントリにトラックバック
お知らせ
最新のエントリ
カテゴリ

アニ☆ブロ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。