アニメの目

  • -- - -- --
カテゴリ:
スポンサー広告
コメント:
-
トラックバック:
-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ:
2009夏期
コメント:
0
トラックバック:
1

東京マグニチュード8.0 第4話 「三人の、約束」

お腹痛めてるときの未来が可愛すぎた。なんかBGMが絶妙の仕事をしてくれたのもあったけど、携帯トイレを目にしたときの反応がストライクでした。そう、未来はすごく可愛い子なんです。悠貴が子供らしく可愛いことを言うたびに「そんなの分からない」とか怒ってばかりだったけど、やっぱり未来はまだまだ子供でまだまだ可愛い。

未来のことが心配な悠貴は元気付けてあげようと「帰ったらプリンあげる」とか「もうちょっとで家だよ」とか言ってますが、未来にとってはそれが苛立つ言葉。両親に会えない不安もあって、そのイライラが爆発しちゃいました。でも「言いたいことがあるならハッキリ言いなよ!」って、聞く気がないのは自分のほうですよね。ま、たぶんその辺を自覚して悪循環に陥ってる感もありますが。

携帯星人なのにやけになって携帯を投げ捨てていたのが印象的です。投げやり。もう何もかも嫌だっていうパニック状態を象徴する動作だったでしょう。

思うに未来も悠貴もまだ子供なんだからもっと大人に頼ってもいいんじゃないかな。真理さんとは随分打ち解けてきてるけど、それでももっともっと頼っていいはず。大人に世話を焼かせるのも子供の仕事のひとつです。

でも、とにかく今回の姉弟喧嘩は二人そろって大泣きすることで解決です。うん、こんな感じで子供らしくなったほうがいいと思う。こんな非常時に泣かずにいつ泣くんだ。涙くらいで成長できるなら安いもの。

と、そんな感じでしたが未来と悠貴にとって震災による死を初めて認識させられる回でもあったというのは大切なポイント。それで「両親の無事」から「両親の死」というより残酷な概念が生まれてきて、そりゃ不安にもなるさ。でも、両親に会えなくて心細くて、トイレとか普通の生活も不自由で、携帯の電波が一向に復旧しなくて、そういうのを全部ひっくるめて自分のことで精一杯になってしまいそうなんですけど、その中どれだけ周りに気を払うことができるかですよね。自分が誰かを支えると自分も誰かから支えてもらえる。綺麗事かもしれないけど、そういうのが理想です。

てか東京タワー倒れてきたよ。東京のランドマークであり、観光スポットでもある東京タワーです。今から登って家が無事か確かめようってときに倒壊とは、さすがに不吉。

コメント


コメントを管理人にだけ表示させる

トラックバック

◎東京マグニチュード8.0第4話「三人の、約束」 from ぺろぺろキャンディー 2009-09-06

ミライちゃん、お腹が痛くなる。携帯トイレをもらってくる。ミライちゃんは、仮説トイレにむかうが、もめはじめたため結局携帯トイレですませる。そのあとも、ラーメンをこぼされたり、救援物資をおとされたり、足を踏まれたりひどいめにあう。マリさんは、帰りのルートを...

このエントリにトラックバック
お知らせ
最新のエントリ
カテゴリ

アニ☆ブロ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。