アニメの目

  • -- - -- --
カテゴリ:
スポンサー広告
コメント:
-
トラックバック:
-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ:
2009夏期
コメント:
0
トラックバック:
1

CANAAN 第7話 「慕漂」

またしても合衆国正義のエピタフとしての「墓標」に他のキャラクターの感情を重ね合わせた「慕漂」というタイトル。毎度毎度面白いものを思いつきますなぁ。字面まで似ているという恐ろしさ。

さてと、案外カミングズがかっこいい所を見せています。あれは自分が虐められるのが好きなんじゃなくて、それでリャンの気が治まるのならば的な精神だったんでしょうかね。

とにかくアルファルドが大好きで大好きで仕方ないリャンですが、この姉さまからのシカトされっぷりは半端ないっす。「見捨てるのではなく切り捨てる」って容赦ない一言。

慕って尽くしてきた訳だけれども、いつまでも気持ちを汲み取ってもらうことができずに漂流し続ける様子からすると「慕漂」に一番はまるのはこのリャン・チーです。

でもアルファルドにも「慕漂」は似合うかもしれない。師匠として慕ってきたシャムが次の教え子に対しても自分と同じ「カナン」という名を与えたのだから、そういう感情があったっておかしくはないんじゃないかな。それで、彼女自身はそこから抜け出したと自負しているわけだからいつまでも留まっているリャンに対して徹底的に冷たいんじゃなかろうか、と。

データも無い憶測ですが、なんとなくそんな感じはしました。

さて、次は「墓標」の話。直接カナンの物語とは関係しないかもしれないけど、米国副大統領のミサイル投下の決断について。たしかに判断としては間違ってないように思います。でもそこに「決してテロに屈しないことが大統領の意思」とか何とか正義を用意する必要があるのかという話です。

やっぱり後ろめたいものがあるんでしょうね。禁忌の策であることは間違いないし、記者のような民間人も巻き込まれるわけだし。で、建前の正義はそういう不都合から目を背けるためのスローガンってことじゃないか。もっときつい言葉を選ぶならスケープゴートと言えなくもない。

それで自分達は「あれは仕方なかったんだ」と逃げることができるし、大衆的にも何となく間違っていないような印象を与えられる。そういうやり口です。

ミサイルをカナンに外されたときの副大統領の一言「やるからには成功させなければならなかった」は、自己暗示と自己保身のための正義だったからこその本音じゃないでしょうか。

なんだか前回の「ラブ・アンド・ピース!」から結構辛辣な米国批判を感じるのですが……

そういうのを見ていると、まともな感情で真摯に行動しているのはカナンや夏目くらいなものですよね。他は狂ってやがる。そんな感じの合衆国政府やら、ミサイル投下を知らされて退避する治安局やら、元凶である蛇やら…… あぁ、みのさんとタクシーのおっちゃんは真摯でしたね。

蛇、って言うかアルファルドが結局何をしたかったのかも全然意味不明だし。彼女の言動は良く分からない。マリアはまだ死んではいけないとか何とかで前回は生かしたのに、今回カナンが助けに来たのに対して完全に放置して行きましたしね。もしカナンがミサイルをずらすのに成功していなかったらマリアはあそこで死んでたはず。そういう事を考えると、アルファルドが何をしたくて何を大切にしているのかが全然分からないんですよね。

でもなんか、今回のテロは人間の醜さを露呈させたかったのかなという気もしますが。

ミサイル投下でシステムハッキングの誤誘導とか、やけに熱くなる展開でしたが、いずれにしても成功したようです。夏目側での制御では誤差せいぜい30メートルという話だったのが、実際は50メートル手前に落下ということはカナンは充分に働いたということ。うん、理屈は分からんが偉い!

ただそれで「色」が見えなくなったようです。んー、このタイミングで「見えなくなる」とはどういうことでしょうね。正直全く予想してなかった展開です。

何を描きたくてカナンから「色」を奪ったのか。それは今後の展開をじっくり観れば自ずと分かることなんでしょうが、このチャンスに共感覚なるものがカナンに備わっている意味を考えてみたいですね。

コメント


コメントを管理人にだけ表示させる

トラックバック

◎CANAAN第7話「慕漂」 from ぺろぺろキャンディー 2009-10-07

大統領はウーワウイルスに感染してしまう?人質は感染したのではないかと、副大統領たちは会議する。日本の企業が秘密裏に開発したウーワウイルスのワクチンをなんとか輸送できないかと考える。製薬会社の令嬢のマリアが捕まっていることをしれば、製薬会社の社長、ケンジ...

このエントリにトラックバック
お知らせ
最新のエントリ
カテゴリ

アニ☆ブロ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。