アニメの目

  • -- - -- --
カテゴリ:
スポンサー広告
コメント:
-
トラックバック:
-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ:
その他諸々
コメント:
0
トラックバック:
0

2009年8月のエントリ別アクセスランキング

8月に入ってからGoogle Analyticsの解析を始めていたので、ちょっと8月のエントリ別アクセス数ランキングみたいなのをやってみました。

こんなナンバリングに一体何の意味があるのか、という気もしますが、まぁ個人の楽しみですよ。

2009年8月のエントリ別アクセスランキング
順位エントリ投稿日
1.化物語 「ひたぎクラブ」2009年07月15日
2.空の境界 第七章 「殺人考察(後)」 感想2009年08月20日
3.2009年秋アニメまとめ2009年07月13日
4.ちょっとアニメ化決定情報を整理してみる2009年08月24日
5.シャングリ・ラ 第6話 「虚構戦線」2009年05月13日
6.いろんな「ぐぬぬ」に出会う旅2009年07月17日
7.Phantom~Requiem for the Phantom~ 第20話 「故郷」2009年08月17日
(7.)CANAAN 第7話 「慕漂」2009年08月19日
9.Phantom~Requiem for the Phantom~ 第21話 「憤怒」2009年08月22日
10.Phantom~Requiem for the Phantom~ 第18話 「対決」2009年08月08日
(10.)涼宮ハルヒの憂鬱 「エンドレスエイト」について2009年08月09日

こんな零細ブログだと、たまたま検索エンジンの上位に表示されるとアクセスが跳ね上がります。その良い例が「ひたぎクラブ」「殺人考察(後)」。ほら「ひたぎクラブ」では若気の至り的にオマージュ画像を貼ったじゃないですか。あれが画像検索で割と上位に表示されているみたいです。

これがキャプサイトの強みなのかと実感しつつ、逆に画像探してきた人はきっと文章を読んでくれていないんだろうなと悲しくなったり。そりゃ何人かは読んでくれる人もいるだろうけど、ぶっちゃけ僕も画像検索でたどり着いたブログの文章なんて全く読みませんしね。

そういう意味では普通の検索でたくさんの人が来てくれた「殺人考察(後)」が一番読まれたのかも。実はタイトルの最後に「感想」と付けるとGoogleさん的に評価が良くなるのかなとSEOな話をしてみたり、でも別にそんなにしてアクセス稼ぎたいわけでもないから良いかと強がってみたり。

そもそも何で「感想」を付けたのかというと、例えば「サマーウォーズ」っていうエントリを書いたとして、サマーウォーズについて何を書いたエントリか分からないと思ったからなんですよ。テレビアニメなら「第○話」と入れることで、その放送回について何か書いているということが分かるし、そうだったらおそらく感想を書いているんだろうってことが伝わると思って付けていません。

10位の「エンドレスエイト」では「について」っていう言葉をお尻にくっつけてるけど、これはアニメそのものの感想だけを書いた訳ではないから。エンドレスエイトについてのネット上での評価とかその評価に対する自分の考えとかを書いたから、普通の感想ではないことを主張するべく「について」と付けてみました。

と、若干の裏事情を語ってみました。ま、そんなに深く考えてるわけじゃないです。実は強調文字を単語や意味のまとまりで閉じるのか、それとも関係する言葉を含んだ一文すべて強調させるのかというのも統一したかったんですけど、これが結構難しい。

今では読みやすいのが良いかっていう曖昧な所に落ち着いています。

3行ルールを律儀に守っていては書きたいことを書けなくなるんですけど、せめて4行に収まるように文章を切っていたりとかもするんですよ、とアピール。あ、3行ルールって知らないかもですね。

人間が一瞬で特に注意せず認識できる数って3らしいんです。「左」「中」「右」とか「上」「中」「下」、ポジションの定義が単語でできるのがその理由だと考えているのは僕の勝手な思い込みかもしれないんですけど、例えば4つに増えると「左」「左から2番目」「右から2番目」「右」あるいは「1番目」「2番目」「3番目」「4番目」という風にどうしても概念としてひとつ込み入る。そのものの定義に他のものとの相対的な位置関係が必要になるのが数の認識を遅れさせる要因かと思っています。

が、そんなことはどうでも良い。小銭入れを開いてみて百円玉が3枚ならば一瞬で「3枚」と認識できるのに、4枚あると「4枚かな? 5枚かな?」と一瞬迷ってしまう感じです。概念的な問題であれ、能力的な問題であれ、とにかく人間は一瞬で4を認識できるようには作られていないわけです。

さて、話を戻して3行ルールへ。特に行間の詰まった文章を読んでいると、次の行に移るときに一瞬迷うことがあるかと思います。もう一度同じ文章を読んでいたりとか。

文章を3行ごとに区切ってスペースを入れることで、行を探す手間を省いて読みやすい文章を心がけようってのが3行ルールです。感覚から言うと4行までは読みやすい。行数が増えるとだんだん読みにくくなって、7, 8行に達するともう何行でも同じですかね。

この3行ルール、もしブログやってらっしゃるかたがいたら一度実践してみては? 特に僕なんか文章そのものがかなり読みにくいから、こういう事をしないと読めたもんじゃない文字列に仕上がっちゃうんですよね。

さて、本当に話を戻しましょう。アクセスランキングです。「シャングリ・ラ 『虚構戦線』」はちょっと頑張って経済の話をした感想でした。未だに読んでくれている人がいるのは素直に嬉しい。

あと気になったのが、『Phantom』の感想がやけに強いこと。10位以下も割とたくさん『Phantom』の感想が続くんですよ。なんて言うか、意外です。リアルな話をしてあれ視聴率結構やばい事になってなかったっけ。でも視聴率の話をするならノイタミナ『東京マグニチュード8.0』は高い数字を出しているはずなのに全然ランキングに上がってこない不思議。

やっぱり視聴率じゃないのかな。結局アニメレビューブログなんて一部のマニアしか足を踏み入れない領域なのかもしれないと思い知りました。『Phantom』はマニア受けが良かったのかな。

それにしてもアクセスランキングだけでこれだけ書くのか、と自分に愕然とします。やっぱり男は「喋りたがり」「知識ひけらかしたがり」ってのは本当ですね、小清水さん。(オオカミックラジオII ?回放送より)

コメント


コメントを管理人にだけ表示させる

トラックバック

このエントリにトラックバック
お知らせ
最新のエントリ
カテゴリ

アニ☆ブロ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。