アニメの目

  • -- - -- --
カテゴリ:
スポンサー広告
コメント:
-
トラックバック:
-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ:
2009夏期
コメント:
0
トラックバック:
1

涼宮ハルヒの憂鬱 第24話 「涼宮ハルヒの溜息 V」

これで新作ハルヒも終わりですか。振り返ってみれば「笹の葉」「エンドレスエイト」「溜息」だったんだけど、それでも1+8+5で14話。何だかんだ言いつつ楽しんで観てたよな、という感じ。

実質的に「溜息IV」でようやく「エンドレスエイト」から抜け出したようなもの、というのはこの前の感想(今読み返すと何書いてるのか自分でもサッパリ)で書いたことですが、話も次のステップへ。

(キョン視点で)自分はどうしたいのか、ハルヒは何がしたいのかというレベルの話だったのが、ハルヒが無自覚のうちに世界の有り様を変えてしまおうとしているときに何ができるのかという話に移っています。

状況として変化はない(エスカレートはしている)のに問題そのものが変化しているのは、キョンが一歩前に踏み出した証拠じゃないかな。

解決策だけ言うと、これまた「エンドレスエイト」の「宿題をしよう」並に簡単なことで、ハルヒ自身に「これはフィクションです」と公言させること。その一言で現実と虚構の区別をさせるという方法ですが、まあ夢オチよかマシだわな。

でも現実と虚構の区別って言うのはそんな一言で片付けられるほど軽いわけでなく、いわばハルヒの根幹を成すテーマですよね。何か特別なことがあって欲しいと願う少女には非現実を現実にする力(本人無自覚)があって、その少女を中心に他のキャラが振り回されたりする話なんだから、その少女にとって何が現実で何が非現実なのかというのはかなり大事。

そういう点から見ても、新作最終話としては良いまとめ方をしていたんじゃないかな。

作中作という程立派な映画が撮れた訳じゃないけど、ハルヒの世界にしかない作中作を見せてもらいました。

さて、話は変わって視聴時の疑問を。

まずハルヒを巡る勢力間抗争みたいな話をどうして持ち出したのか。それから最後の喫茶店のキョンはいったい何をしようとしたのか。

二個目の疑問はいたって簡単に、楽しいことに気付いていないハルヒに実はSOS団ってトンデモ連中なんだぜってことを知らせてあげようということですかね。ハルヒの不満の種は潰すに限るし、キョンもそういうハルヒは見たくない。

あれは文化祭後の話だと思うから、頑張ったハルヒへのご褒美みたいなものかもしれない。もちろん、「ハルヒの精神状態がよろしくないのは世界がよろしくないのと同義だから」みたいな建前もあるんだろうけど。

ただちょっと引っかかったことがあって、それはハルヒがキョンの言う「事実」をハルヒが真っ向から否定しちゃったこと。これは大丈夫なのかな? 要するに古泉もみくるも長門もただの一般人になっちゃうんじゃないの? っていうことです。

でも「ライブアライブ」で長門がベースを弾けているから大丈夫なんですよね。つまりハルヒは「ふざけんな!」とは言っていても、心の中ではどこかそれを期待しているってことだと思います。

なかなか切ない。

あの勢力間抗争の方は良く分かりません。一般人代表のキョンにハルヒを巡る裏事情を知らせる意図とは何ぞや。それはもちろん構成・演出の話ですが。

古泉の超能力グループ。ハルヒは神様、あるいはそれに追随する存在で、世界を自分の好きなように組み立て直す力を持っていると考えているみたい。これまで解説はほとんど古泉がしてきたから、僕らの感覚は随分古泉のグループの考え方に近いと思います。

みくるの未来人グループ。ハルヒ自身に新しい物を作る力はなく、たとえ世界に何か変化が起こったとしてもその変化自体はハルヒの力で生まれたわけではない。それは元から世界にあったものであり、ハルヒによって見出されているだけ。そういう主張っぽい。

長門は……、知らんわ。でも少なくとも上二つとは違う考えのもとでハルヒを「観測」してるんでしょうね。

みくるの主張が結構素敵。これまで見えていなかったものに気付くだけで世界のあり様は変わるんだっていう、実に高校生らしい考え方だと思います。ま、存在していても人に認知されなければ存在しないのと同じだという哲学の域まで突き詰めてしまった物理学にも似た響きですが、なんかその話はしたら疲れるからやめときます。

とにかくそれぞれにそれぞれの基盤となる主義主張があるらしいということ。それぞれの人にそれぞれの真実があるということ。そういう事を踏まえると、ハルヒの魅力ってハルヒを巡って微妙にかみ合わないSOS団の面々なんだよなと再認識。結局、会話劇としての側面を盛り上げているのはそういう微妙なずれじゃないかと。

あの勢力間抗争の意味は分からないけど、僕はそういうことを考えたりしました。

ま、いずれにしても皆さんお疲れ様でした。原作にはまだまだ消化してないエピソードがあるみたいだから冬とか何とかいう噂もありますが、ひとまず皆さんお疲れ様です。

コメント


コメントを管理人にだけ表示させる

トラックバック

◎涼宮ハルヒの憂鬱第24話涼宮ハルヒの溜息V from ぺろぺろキャンディー 2009-10-22

ナガトがハルヒにネコのいる場所を案内する。黒猫はみつからなかったためミケ猫にする。猫の名前はシャミセン、「魔女の猫なんだから何か話しなさい」という。そして、キョンに猫を飼わせて「なにか、芸をしこみなさい」と命令。ハルヒが帰った後、猫しゃべる。古泉は、ミ...

このエントリにトラックバック
お知らせ
最新のエントリ
カテゴリ

アニ☆ブロ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。