アニメの目

  • -- - -- --
カテゴリ:
スポンサー広告
コメント:
-
トラックバック:
-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ:
2009春期
コメント:
0
トラックバック:
1

Phantom~Requiem for the Phantom~ 第2話 「訓練」

決められたコースでも、そこを進むスピードは自ら選べる。自我のない亡霊となったアインと、そうなってしまうのかツヴァイの話なのは前情報だけど、これがどうなっていくのかは意外と予測が出来ないです。

ただ、アインが唯一関心を寄せているのはツヴァイなのはきっと間違いないと思います。

前の感想でも目の描き分けについて触れたんだけど、今回みたいにあからさまなレベルでされるともっと深いところまで考えたくなります。

目がその人の心情(むしろ本質に近いかな)を表現しているのだから、きっとマフィア御用達のサングラスとか、メガネとか、まばたきとか、目に関連する大抵のものに意味があるはず。

クロウディアがツヴァイに助言をするときにサングラスを外した感じで、自分の本心を隠さずに出すくらいの意味があるはず。で、まばたきは『ef - a tale of melodies.』の夕くん的な感じで揺れの表れでしょうか。

過酷な訓練で考えることすら苦痛になって、暗殺者として飼い慣らされることに疑問を感じなくなりかけていたツヴァイ。銃撃の訓練のとき、アインに手取り足取り教えてもらって、地味に胸に触れたりしても全くの無表情。ラブコメアニメならフラグのひとつやふたつが確実に立ってしまうシチュエーションだけに、このふたりが普通の女の子でも普通の男の子でもないってことが際立っていました。

――が、その後手本を見せたときのアインに少し驚いた様子のツヴァイ。アインみたいな女の子が銃の技術を持つ暗殺者だと再認識したのか。まだ普通への糸が断ち切れていないのが分かるシーンでした。少なくとも同じ境遇の(この時点でツヴァイはそれを知らされていないけど)アインに興味はあるはず。

それでも「人形の目」で訓練を続けているツヴァイにクロウディアがアプローチ。この人はどこか理想主義っぽいですが、確かに良いことを言っています。
自分を持つことの大切さを思い出したツヴァイはアインが人を殺したのか確かめたり、ちょっと真剣に考え出したかな。いや、まだ悩んでるだけか。

ただ、目の前で寝仕度を始めるアインにちょっと照れてみたりと、銃の訓練で立て損ねたフラグにチャレンジしてみたりで、微笑ましい限りでした。

どこまで裏社会に染まらずに行けるのか。って言っても1話で立派な暗殺者に成長してしまったツヴァイを見ているわけですけど、まぁその後の展開とかね。結局のところこれってアインとツヴァイふたりの物語なわけですし。

どうでも良いけど沢城みゆきさんの出番はまだなのでしょうか?

コメント


コメントを管理人にだけ表示させる

トラックバック

Phantom -Requiem for the Phantom- 第2話「訓練」 from 電撃JAP 2009-04-18

博士「美少女が訓練教官(´Д`;)ハァハァ」助手「変態発言自重www」...

このエントリにトラックバック
お知らせ
最新のエントリ
カテゴリ

アニ☆ブロ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。