アニメの目

  • -- - -- --
カテゴリ:
スポンサー広告
コメント:
-
トラックバック:
-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ:
アニメ情報
コメント:
0
トラックバック:
0

2009年秋アニメ視聴予定リスト

不作と言われています。ま、確かに去年と比べても見劣りする感は否めないかな。オリジナルも少なく、ビッグタイトルと呼ばれるのがほとんどないので(DTBくらい?)全体的に小粒な印象を受けます。ま、これも良い機会だろうということで思い切って本数を減らしてみました。大学もあるしこれくらいで生活してみるかと。

とりあえず2期

1期を観てたのはとりあえず2期までお付き合い。『アスラクライン2』『夏のあらし! 春夏冬中』と、2期ではないけど『とある科学の超電磁砲』

『アスラクライン』は盛り上がってきた所で1期が終わっているので結構楽しみ。たぶん感想も書いていくことになります。ま、アークスに『WHITE ALBUM』と二本立てするだけのキャパがあるのかは確かに不安要素ですが、今期のシャフトのようにならないことを祈りましょう。

『夏のあらし!』は普通に楽しみにしています。こっちは感想書かないと思うけど。

『超電磁砲』は監督が錦織博監督から長井龍雪監督に。どっちも好きな人だけど、長井監督は今結構注目しているのでこの辺にも期待。『とらドラ!』の人です。構成とかも変わってるけど手堅い所だと思います。

MFアライブ勢

メディアファクトリーのコミックアライブは本誌を購読したほうが安く付くであろうというくらい単行本を買ってます。

原作(またはそのコミカライズ)を読んでるのが『聖剣の刀鍛冶』『ささめきこと』『けんぷファー』

実は『聖剣の刀鍛冶』に結構期待していて、監督は『鉄のラインバレル』の日高監督。マングローブのアニメはこれまで琴線に触れる物がなく観たことがないんですけど、常々観たいと思っていたのでこっちも楽しみ。やわらかく力強い絵を描いてくれるところなので作風にもピッタリかと。

『ささめきこと』も実は物凄く期待しています。構成は倉田英之。――なんだけど、公式サイトに「倉田英之×AIC」って書かれちゃ監督の立場が……。菅沼監督は作画の人で、監督作品には『こどものじかん』があったり。そう言えばあの頃も構成は岡田麿里とか言われてたんじゃなかったっけ……。

『けんぷファー』は楽に観ます。面白くないことはないと思いますよ。ま、ぶっちゃけ中の人目当てです。

何だかんだで期待してるんだろ?

『生徒会の一存』は何だかんだで期待。ディーンは本気出せば面白いものを作ってくれるし、佐藤監督、構成の花田は共に実績充分のはず。何だかんだで。

ある意味では未知数かも

『戦う司書 The Book of Bantorra』はどうなんでしょうか。まぁ篠原・岡田って『黒執事』をほとんど何も理解できなかったからそのリベンジマッチのつもりなのかもしれないです。

3Dのソエジマヤスフミはアニクリ以来そこそこ注目してるつもりなんですが、そういやGONZOは大丈夫なんだろうか……。

2009秋アニメのアクセントのつもりで視聴決定。ま、1期に1作岡田麿里と言いますし。

観たいんだけど……

『君に届け』はIGだしガチで観たい。けど関西圏の放送は12月21日から。『WHITE ALBUM』も観たい。けど我が住まいでは受信できず。

テレビで観れるんだから『君に届け』はおとなしく12月を待つつもり。『WHITE ALBUM』の方は何とかします。KBS京都では観れるから何とかなるかも。何ともならなかったらやむなく動画漁ります。

詰まるところこんな感じ

  • アスラクライン2
  • (君に届け)
  • けんぷファー
  • ささめきこと
  • 聖剣の刀鍛冶
  • 生徒会の一存
  • 戦う司書 The Book of Bantorra
  • とある科学の超電磁砲
  • 夏のあらし! 春夏冬中
  • (WHITE ALBUM)

ま、小粒揃いとは言っても個人的にはそこそこ大粒なものも少なくなく、何だかんだで結構楽しめそうです。

コメント


コメントを管理人にだけ表示させる

トラックバック

このエントリにトラックバック
お知らせ
最新のエントリ
カテゴリ

アニ☆ブロ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。