アニメの目

  • -- - -- --
カテゴリ:
スポンサー広告
コメント:
-
トラックバック:
-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ:
コミック感想
コメント:
0
トラックバック:
0

いけだたかし 『ささめきこと』 5巻 (MFコミックアライブ)

まだ停滞。人間「大丈夫」と言うときは大抵大丈夫じゃない。「やっぱいいや」は全然良くない。そういうことなのかなぁ。

作者さんの気分はアニメ化で浮かれまくりのようですが、内容はそれと反比例するかのように沈黙、停滞、すれ違い。ときどき入るギャグで何とかなってるけど、それがなかったら鬱になりそうな展開です。

その軽い空気を出してくれる朱宮くんの話だって、頑張って自分が選んだ道を歩もうとした瞬間の決定的挫折として今の汐と重ねるならば限りなくネガティブ。それにこれまで築き上げた関係を失ってしまう悲劇として捉えれば、汐に限らず純夏やハチにも言えること。

今純夏の周りにある空気はまさしく友達という関係への執着。汐の両手で鞄をぎゅっと握るのは純夏への執着の表れじゃないかな。

さて、ハチ様に「恋なんかじゃない」と言われてしまった汐の純夏への想い。なんて言うかな、ハチ様とみやこ嬢の関係は言うなれば支え合う関係なのに対して、汐は純夏にもたれかかっているだけということかな。好きとか嫌いとかを通り越してしまっている感情。依存。

純夏を失わないために必死に嘘で取り繕って笑顔で元気なふりをしても、それは純夏を余計不安にするだけという悪循環。あえて汐側の視点から純夏の表情だけを切り取った描写がすごく印象的です。

それからかわいい後輩が登場です。まゆとコイ。まゆって「Early days」時代の純夏そっくりですよね。周りのことなんか気にせずに自分が思ったことをそのまま口に出すだけ。

玉砕を恐れずに何にでも体当たりする元気少女です。まぁ今の純夏との比較ですよね。言いたいこともほとんど口にできず、ずっと汐のことで頭を悩ませて、とうとう「出会わなければよかった」と根本を否定する始末。

今になって重くのしかかってくるのが1巻の「私の好きになった女の子が私のことを好きになってくれればいいだけなのに」っていう汐の言葉。そんなに簡単な話じゃないんですよね。高校生にして大企業の再生に一役買ったハチ様も苦しむ難題です。

しかしまぁ、他人のことであれこれ苦しめるのって素敵なことですよ。

ささめきこと 5 (MFコミックス アライブシリーズ)ささめきこと 5 (MFコミックス アライブシリーズ)
発売:2009/09/23
いけだたかし
商品詳細を見る(Amazon)

コメント


コメントを管理人にだけ表示させる

トラックバック

このエントリにトラックバック
お知らせ
最新のエントリ
カテゴリ

アニ☆ブロ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。