アニメの目

  • -- - -- --
カテゴリ:
スポンサー広告
コメント:
-
トラックバック:
-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ:
2009秋期
コメント:
0
トラックバック:
1

聖剣の刀鍛冶 第1話 「騎士 - Knight」

すでにコミックを読んで本のさわりだけでも知っている分、余計な世界観ができてしまっているので、その辺と微妙な食い違いがあったりもしたけど、概ね良好ですね。セシリーがかわいい。リサは中の人の影響か、CMの影響か、ただのアホの子みたいになってるけど……

剣を誇りに置き換えて読む。落ちこぼれ騎士との初めての実戦でセシリーの剣が折れたのは、町の自衛騎士としての誇りが砕かれたということで、折れない剣を打ってほしいというのは、簡単に折れない誇りを手に入れる手助けをしてほしいということ。

氷の悪魔との戦いでルークの刀が折られたのも、はじめからセシリーを逃がす(つまり勝ちを諦めている)という判断をしたルークが気持ちで負けていたことの証ですよね。捨て身で壁になったセシリーを見てルークは戦って勝つ意志を持ち、新たに刀を練成。

まだ1話だけど、この二人は結構良い関係を築けています。キャンベル家の誇りある剣に執着するセシリーは町の鍛冶屋に行くも「そんな剣では駄目だ」と断ります。そこで思い出したのがルーク。この男に自分の剣を打ってもらいたいと思い、ルークに見てもらうために再び戦うことを決意。

つまりルークはまだ何もしていないようでいて、もうすでにセシリーの心を打ち始めているということ。

それは逆も同じ。氷の悪魔との戦いで刀を折られてしまったルークの前に立ちふさがって「これが騎士の務めだ」と壁になるセシリーに感化される形でルークは刀の練成を開始。それはつまり、ルークのおかげで「誇り」を胸に宿したセシリーが、今度はルークに強い心を取り戻させたということ。

まぁそんなところかな。アニメって説明を省いたり後回しにする傾向があるけど、悪魔契約、人外、代理戦争のあたりの説明が全くなかったですね。別にそれが不親切だと言いたいわけじゃなく、確かにセシリーとルークの出会いを描くだけならその辺の事情を説明する必要は全くないのか、と納得しました。

初実戦相手が騎士だったり、より焦点を絞った演出が光っていたように思います。

コメント


コメントを管理人にだけ表示させる

トラックバック

◎聖剣の刀鍛冶#01騎士-Knight from ぺろぺろキャンディー 2009-11-30

自衛騎士団のセシリーキャンベルさんが、主人公のアニメのようだ。ヨロイのオッパイエロイ。そして、狂った人が暴れだし、戦うがはじきとばされる。セシリーさんは、実践初めてだった。そして、セシリーさんの剣が折れる。止めをさされそうになったところで、剣士が助ける...

このエントリにトラックバック
お知らせ
最新のエントリ
カテゴリ

アニ☆ブロ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。