アニメの目

  • -- - -- --
カテゴリ:
スポンサー広告
コメント:
-
トラックバック:
-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ:
2009春期
コメント:
0
トラックバック:
0

シャングリ・ラ 第2話 「池袋樹海」

なんて言うか、非常にナウシカでした。
しかし東京のどこを樹海にしてしまおうかと考えたとき、池袋をチョイスするあたりにセンスを感じました。

それにしてもニューハーフの防護服の頭の部分がハート形なのに思わず笑ってしまった。

メデューサシステムについてはもう大抵の事は明かされてしまったのでしょうか。
堤防で持っている島にシステムを置いて、自分の島が温暖化による水位上昇で沈んでしまわないようにせっせと炭素の処理をするようです。

香凛ちゃんはじめカーボニストたちは、メデューサの動きに合わせてマネーを動かすことでお金をがっぽがっぽしているようで、それにしても何気なくフェラーリを会社ごと買ってしまうって……

経済炭素だのなんだので、きっと工業(モノをともなう工業)系の企業はピンチな世界なんでしょうけど、それでもOPにも車は出てきたし、美邦一向に車をぶっ飛ばされた哀れなカップルもいたことだし、やっぱりフェラーリ丸ごとってすげーのな。

メデューサは無駄に二酸化炭素を排出している地域を探し出して、そこに進入、システムを効率化して自分は束の間の安心を得る。というもはや完全な奴隷
しかし身動きの出来ないシステムに生存願望が芽生えた時点でほとんど運命は決まってしまっているような気もしますが。

メデューサはプログラムだけど、人間もメデューサっぽいところありますよね。自分に与えられた仕事が自分のためになっていると信じて延々その仕事をこなす、みたいな。選択肢がひとつしかないと感覚が麻痺して他の可能性に気付かなくなってしまうのは仕方ないかな。

メデューサも自分の身を守る方法はもっと他にあるはずなんです。それなのに何回も同じことを繰り返しちゃうんですよね。

池袋樹海からの砲撃はどうやら砲撃ではなかったらしく、アトラス4男子のひとり曰く「森が牙を剥いた」そうなんだけど、金属を含まず二酸化炭素も発生しないってことは本当に森が人の町に攻撃をしたってことなのかな?

そんな中で國子は微妙な心境。1話から言い続けている「総裁はいやだ」っていうのは、彼女がであって、止まることのできないような性格だからポストを与えられてそこに縛られたくないってことなんだろうけど、実際のところ國子はメタル・エイジを誇りに思っているはずだし、メンバーのことも大好きなはず。

だから「あんたらメタル・エイジがいるから…」なんて言われたらショックなわけだし、かといってどうすることも出来ないのは認識している感じです。しょんぼりです。

ドゥオモにもいろんな人がいるのも分かったし、その大半の人がアトラスに憧れているっていうのも大事なことですよね。持たざる者と持つ者の決定的な違い。次回タイトルの「天地層造」はなかなか上手い言葉じゃないかなと思ってます。

アトラス側が一枚岩でないのは見るからに明らかなんだけど、まぁこの辺はまだいっか。

作画レベルはさすがに1話ほどではなかったものの、特に森の辺りが綺麗。綺麗なのにちょっと不気味な感じで良かったかな。防護服はあそこまでされると草薙か一般兵か微妙に分かりにくかったりもしたんだけどね。

基本的な世界設定、ドゥオモ周辺のキャラクター設定、地球環境中心の設定あたりの導入はできているようなので、次回はきっとアトラス関係の世界設定とその辺のキャラクターの導入になるのかな。

本格的に話が動き出すのはまだもう少し先かもしれないですね。

それにしても前の感想で國子は穿いてないと評したのに実は水玉だったとは。草薙も許せんやつだ。

コメント


コメントを管理人にだけ表示させる

トラックバック

このエントリにトラックバック
お知らせ
最新のエントリ
カテゴリ

アニ☆ブロ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。