アニメの目

  • -- - -- --
カテゴリ:
スポンサー広告
コメント:
-
トラックバック:
-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ:
2009秋期
コメント:
0
トラックバック:
0

ささめきこと 第7話 「少年少女」

超・朱宮くんサービス回。

に、風間の孤独感も織り交ぜてきました。前回、最終的に図書委員の先輩と急展開か? 的な終わり方をしたけど、結局風間は純夏が大好きで、純夏が他の人にとられるとつまらなくなってしまう、ということをしっかりアピール。

これは前回のバナナの続きですね。ノリも似てるし。

そんなふうに風間が登場したりもしたけど、今までで一番原作に近いテンションだったと思います。純夏の何気ない一言に朱宮くんが落ち込んだり、逆に朱宮くんの微妙なしぐさに純夏が落ち込んだり。絶妙な進路で暴走しているんだけど、それでもちゃんと描くことは忘れない。

思えば本命の女の子を想い続けている女の子と、その子に好かれたくて女装を始めた男の子のデートってだけで、相当倒錯した関係ですね。

それにしても本当に純夏は朱宮くんを何とも思っていない。「デートしてあげる」のも「駄目な兄を持つ妹の気持ちが分かるから」で、デート本番でも何をしても「男の朱宮」を完全否定される朱宮くん。頑張れとしか言いようがないですね。

しかしネタとは言え、朱宮くんが「男か女か」拘る純夏から、なんとなく暗雲の兆しが見えないでもない……

コメント


コメントを管理人にだけ表示させる

トラックバック

このエントリにトラックバック
お知らせ
最新のエントリ
カテゴリ

アニ☆ブロ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。