アニメの目

  • -- - -- --
カテゴリ:
スポンサー広告
コメント:
-
トラックバック:
-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ:
アニメ情報
コメント:
0
トラックバック:
1

2010冬アニメ視聴予定リスト

やっと来期アニメのリストに目を通しました。

2010冬は期待度の高いタイトルが並んでいて、嬉しい限りです。でも、来年4月からはあんまりたくさんのアニメを観られなくなりそうなので、週二桁観るのはこの冬が最後になるかも……。ま、とりあえずこの冬ですね。

デュラララ!!

http://i2a.blog35.fc2.com/blog-entry-289.html

非日常にあこがれる少年が池袋で謎多き人々と繰り広げる痛快なハイテンションサスペンス。原作は『バッカーノ!』の成田良悟、スタッフもアニメ『バッカーノ!』のスタッフが集まって「もういっちょ派手にやったろか」な作品。

情報収集とかほとんどできてないんですけど、きっと面白いはず。『バッカーノ!』は本当に面白かったから、国や時代の舞台は違っても同じような面白さがあるはずです。

クセのあるキャラがたくさん出てきて大暴れすればとりあえず満足。『バッカーノ!』のころは本当に受動的にしかアニメを観てなかったけど、今回は少し自分から観にいってみようかな、とも思っています。

そういえばコミックの単行本が出てましたね。

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト

http://i2a.blog35.fc2.com/blog-entry-249.html

もう終わりとか言われる世界の中で、終わらない生活を送る少女たちの物語。軍隊に入れば喇叭を吹けると勘違いした女の子と、その入隊先の先輩たちが織りなす非日常の日常。

テレビ東京「アニメノチカラ」の一発目。スタッフも充実してるし話題も大きい(岸田メルと赤井俊文のキャラデザ差などなど)だけに、意外と怖かったりもするんだけど、とりあえずお手並み拝見というつもりで観ます。

今期唯一のオリジナルですしね。

バカとテストと召喚獣

http://i2a.blog35.fc2.com/blog-entry-269.html

AからFまでのクラスに振り分けられ、教室設備を巡って召喚獣を使ってクラス対抗の試合をする話。Fクラスが打倒Aクラスに燃え上がるという熱い話だけど、実は好きな女の子のためだったりとかそういうラブコメ。

ええ、はい。大沼心がまたなにかしようとしているらしいです。これもある意味怖いもの見たさ。

単行本も発売になったコミックを読んでみたんですが、あぁ確かに面白そう。今のところ秀吉の良さがそこまで際立ってはいないけど、そういえば監督は毎回秀吉にコスプレさせるとか言ってたらしいですね。

このライトノベルがすごい!の男性キャラ二年連続1位と今年の女性部門10位を両立したという噂の秀吉に、あの変態監督は何をさせるつもりなのか、という感じです。

ついでに言えばこのライトノベルがすごい!の作品部門1位だったりします。ファミ通文庫のかいしんのいちげきです。

聖痕のクェイサー

http://i2a.blog35.fc2.com/blog-entry-298.html

おっぱいアニメ。それ以上のことはよく知りません。

まぁあれですよね。規制のぼかしとか色々入るんでしょうけど、そういうのも含めてお色気は楽しみのひとつです。原作的にもアニメスタッフ的にも『クイーンズブレイド』を超える「酷さ」が予想されるそうです。

でも実はおっぱい要素意外にも楽しみにしている部分はあります。最近やっと原作の吉野弘幸に興味を覚え始めたので、吉野弘幸がやりたいことをやったと言われる作品で自分なりの吉野評価を固めていきたいな、と。

はなまる幼稚園

http://i2a.blog35.fc2.com/blog-entry-262.html

幼稚園児と幼稚園の先生のほのぼのとした日常。原作は軽く読みましたが、やっぱりこどもってかわいいと思わされるマンガでした。

小難しいことは抜きにして、ただかわいい幼稚園児を眺めるのも大切だと思うわけですよ。そんなこんなで、たぶん脳味噌の活動を停止させて観るつもり。

「水島監督? GAINAX? そんなもの知らねぇよ」のスタンスで。

ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド

http://i2a.blog35.fc2.com/blog-entry-275.html

ヴァンパイアの女王と人狼の少年が、東京のヴァンパイア居住特区「ヴァンパイアバンド」を巡る戦いに巻き込まれていく。サスペンスとエロスがうまく融合したファンタジー。

シャフトとメディファクをこよなく愛するものとしては観ないわけにはいかないでしょう。とは言っても、シャフトはもうそろそろお疲れだろうし、紙芝居されても困るわけで、それからメディファクとは言ってもアライブではなくフラッパーなのであんまり好きでもない漫画誌なんですけどね。

コミックは2巻くらいまで読んで、どう考えても肌に合わないと思ってその先を読んでいないのですが、とりあえずシャフトが原作準拠じゃないと言っているので観てみようかと。放送までにコミックを読み直しておきたいとか言ってましたが未だに読めてません。まだもう少し時間がありますが、最近では別にもう読み直さなくてもいいかと思うようになっています。だめだめです。

とりあえずダークな面の強い原作だから、シャフトのクセは生きるかも。

ひだまりスケッチ×☆☆☆
http://i2a.blog35.fc2.com/blog-entry-287.html

高校の美術科に通う女の子たちの平和な日常を平和に描き続けてとうとう第3期到来です。今度はゆのたちが2年に進級し、後輩がひだまり荘に入居、6部屋満室となった新生『ひだまりスケッチ』です。

新入生はひだまり荘にIT革命をもたらす関西原産の元気なパソコン少女と、引っ込み思案の地元っ子の二人。

これもベクトルとしては『はなまる幼稚園』と同じで、ただただかわいいものを観たいという欲求です。

おおかみかくし

旧市街と新市街とを河川が分断する山間のニュータウンを舞台に展開されるサスペンス。

『ひぐらしのなく頃に』『うみねこのなく頃に』の竜騎士07がゲームのシナリオを作った同盟のPSPゲームが原作。謎と恐怖の煽り方には定評のある竜騎士07ですが、この『おおかみかくし』も同じ方向性の物語みたいです。

『うみねこ』はとんだカオス展開でもうネタにもされなくなってきた感はありますが、個人的には終盤に入って急に面白くなってきたと思ってるんですよ。「中盤をしっかり観ておけばもっと面白かったんだろうな」と後悔するタイプ。『宇宙をかける少女』と同じパターンです。

そんなこともあって、今度の竜騎士はちゃんと観ようかなと。

中の人もゲームから変更がなかったようで、なかなかにいい顔ぶれ。高本宣弘監督に構成は待田堂子。キャラデザに渡辺敦子、制作はAIC。そんな感じでこちらもいい顔ぶれ。

ついでにOPは梶浦由記のFictionJunctionが歌うようで。

刀語

『化物語』が大ヒットした「西尾維新アニメプロジェクト」の二発目は、十二本の名刀を巡る十二の真剣勝負を綴った大河ノベル。刀を使わない剣術の使い手と、自らを「奇策師」と称する少女が主役。

毎月刊行された原作と同じように、毎月1時間スペシャルとして放送する「大河アニメ」という特殊な放送形式で1年間放送。

まぁ面白いことやってるし、月1本なら観られるし、そんな軽いノリで視聴決定です。

そんなこんなで計9作。『刀語』を数に入れないとすると、前クールからの継続視聴含めて週に10作ということになりますね。

コメント


コメントを管理人にだけ表示させる

トラックバック

うみねこ 26話 from 知ったら得するニュース 2009-12-28

わたしのゆめ~ド変態かも~ :: strawberry field ー変わらない愛情を ... マンガ-ひぐらし、うみねこetc・・詳しくは100の質問を! ・音楽-youシリーズ大好き!! ・テレビ-アイドリング!!!に入りたいと思うほど・・・. 100の質問を見る. ぴろたんです。 好きなもの

このエントリにトラックバック
お知らせ
最新のエントリ
カテゴリ

アニ☆ブロ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。