アニメの目

  • -- - -- --
カテゴリ:
スポンサー広告
コメント:
-
トラックバック:
-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ:
2009春期
コメント:
0
トラックバック:
0

戦国BASARA 第3話 「風来坊 前田慶次!」

戦国という戦乱の世を行きぬく武士の信念ってのは本当に様々で、前田慶次は誰かと誰かが愛し合ったりとかそういう幸せな生活のために天下統一を目指しているようです。いや、彼は別に天下統一とか狙ってないか。信長がこのままの勢いで勢力を広げると、そういう幸せが脅かされると思って動き出したわけです。

政宗は信長と直に対面したことで、ちょっとすごい影響を受けてしまっています。でも慶次との戦いの中で「誰かが信長を討たなければいけないのなら俺が討つ!」的な決意をして復活!
復活後はノリノリで英語もペラペラ。ぐぉおすとれぇいとぉぅ! だぜ☆

幸村はまだまだ考え方が幼いようでして、信長の凄まじさを認めはするけど、自分にとって身近でビッグな男(政宗やお館様ァッ!!)も負けないと考えている感じ。
特にお館様ァッ!!への信頼と忠誠は格別過度で、その辺をお館様ァッ!!はスパルタ教育で教え込んであげているようです。

にしてもお館様ァッ!!の行動はあまりにもワンダフルだよな。

東国を統一するとかいうでっかい目標のために動き出した慶次はとりあえず伊達軍を動かすことに成功。でも筆頭は誰かと協力する気なんて毛頭ないでしょうね。ただ普通にやっても信長には勝てないっていうのも実感しているはずだから、これまでの暴走族のような突撃戦術がどう変っていくのか。

――いや、こいつは馬鹿野郎だから永遠に変らないかもね。と絶望。

とにかく観てると元気が出てくるアニメです。なんか、かっこいい。ある種のかっこよさを極めてるよ、こいつらは。

にしてもかすがはいい娘だなぁ。忍のくせに日常的に頬を染めているとは。
てか完全にネタじゃねーか。

コメント


コメントを管理人にだけ表示させる

トラックバック

このエントリにトラックバック
お知らせ
最新のエントリ
カテゴリ

アニ☆ブロ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。