アニメの目

  • -- - -- --
カテゴリ:
スポンサー広告
コメント:
-
トラックバック:
-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ:
2010冬期
コメント:
0
トラックバック:
0

バカとテストと召喚獣 第1話 「バカとクラスと召喚戦争」

大本命、『バカテス』の登場です。

初回。SILVER LINKであれやっぱり大沼は大沼だというのが第一印象。召喚獣を召喚するのに秀吉が変身する必要はどこにもないじゃろうに(しかも実は制服→制服の意味という変身)秀吉を溺愛するということは事前の情報で知っていたけど、ははぁ、こんなことをしてくれるのか。要するに秀吉の裸ですね、わかります。

しかしまぁOPから楽しかったです。カラフルでテンポがよくてはじけてる感じがよかった。たぶん、何回連続で観ても飽きない自信がありますね。

さて、試召戦争ってのは設定として面白いと思います。大学入試が戦争だとか言われる日本ならでは。テストでいい点を取れる人が高い能力の召喚獣を召喚し、優位に戦いを進められるというのはかなり現実的です。だけど、学校で学ぶことはテストでいい点取ることだけじゃない。

明久も言っていたように「学校は社会の縮図」であるんだけど、文月学園はかなり忠実な縮図でもあるんじゃないかな。つまり、上位クラスに入って贅を尽くした教室で勉強することができようが、下位クラスの足の折れたちゃぶ台で勉強しようが、実は大した違いではないということ。最下位クラスであるFクラスの下克上を描くのだから、そういう展開はあるんじゃないかな。

そういう視点で観ると、姫路さんの存在はやっぱり特別ですよね。まるでプリンタのように解答用紙を黒くしていく彼女のスペックはFクラスではどうしても異様。それでも彼女は正真正銘のFクラスの一員なのだから、そこにあるのは学力云々という壁を越えた人間関係なんだと思います。

ふー。それにしても試召戦争中のゲーム画面っぽいのが観ていて楽しいですね。「ゲーム世代」ならではの表現なのか、あんなゲームがあったら本当にやりたくなるくらいですよ。……あれ? ゲーム化ってまだされてないよね? でも、アニメがうまくいったら実際にありそうな話かもね。

コメント


コメントを管理人にだけ表示させる

トラックバック

このエントリにトラックバック
お知らせ
最新のエントリ
カテゴリ

アニ☆ブロ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。