アニメの目

  • -- - -- --
カテゴリ:
スポンサー広告
コメント:
-
トラックバック:
-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ:
2010冬期
コメント:
0
トラックバック:
1

バカとテストと召喚獣 第2話 「ユリとバラと保健体育」

自分はまだまだバカテスを量りかねていると実感。だってこいつら、想像を超えてバカですよ。

先読みなんて不毛。構造の解析なんて暖簾に腕押し。スタッフがやりたいようにやって視聴者が好き放題笑う、というひとつの形が完成しています。

一話に一度秀吉に何かをさせると言うことは知っていたけど、それにしてもこれはひどい。だって秀吉は代表の五人に選ばれてないんですよ? それなのに両チームの10人よりも強烈なインパクトを与えてしまった!

前回の制服→制服という変身と同じように、秀吉を使えないところでも秀吉を使ってくる大沼の心意気に感動した!

結局、Aクラスとの試召戦争はムッツリーニのスケベパワーと姫路無双が勝っただけで、あとは全然お話にもなってない感じ。明久の「実は左手」はもはやバカとか言う次元を通り越して、何言ってるのか分からないレベル。

しかしまぁ雄二は「あえて大化の改新625年と答えて97点で同点」というまじめ展開のフラグをも打ち破るバカっぷり。Eクラスとの戦争で、「こいつは使えるやつかも知らん」と思った自分が愚かでした。

しかしAクラスにもバカっぽいのはいましたよね。実践本意のボクっ子とか。あれは今後も出てくるフラグ。

それにしても何気に明久×雄二のカップリングが陰でささやかれたり、白昼堂々百合アピールをするバカもおれば、保体の実践を得意とする女の子もいたりして、本当に性に対して歪んだ学校だこと。

秀吉に触れなかったのは当然です。あれは歪んでなんかいない。秀吉は美少女ですから。

さてと、スタッフが好き放題にキャラをいじっているので、こちらも好き放題やらせていただいております。こういう愛され方もあるよね。

あ、そういえば姫路さんとメガネとの戦いでの「イメージ」は絵コンテ演出の斉藤良成さんの力ですかね。メガネと言えば、EDにメガネがいるような気がするんだけど、ひょっとしてあいつもレギュラー化?

コメント


コメントを管理人にだけ表示させる

トラックバック

(アニメ感想) バカとテストと召喚獣 第2話 「ユリとバラと保健体育」 from ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 2010-01-19

バカとテストと召喚獣 第3巻 [Blu-ray]クチコミを見る 前回のお話し、原作を見ている方の話しを聞くと結構端折っていたらしい。そう言われると展開の早さは目立ったかなという印象はあります。 *一週間のアニメを濃く熱く語るラジオ、毎週水曜日夜11時から放送の「ピ

このエントリにトラックバック
お知らせ
最新のエントリ
カテゴリ

アニ☆ブロ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。