アニメの目

  • -- - -- --
カテゴリ:
スポンサー広告
コメント:
-
トラックバック:
-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ:
2010冬期
コメント:
0
トラックバック:
1

ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド 第3話 「ティーン ウルフ」

アキラは肝が据わっているというか、本当に「ティーン」なのか疑いたくなるレベルです。

記憶の一部を取り戻して、ヴァンパイアの姫の従者として生きていく運命にあることを思い出したとはいっても、普通の人にはまず受け入れられない事実でしょう。父親のこと、自分が記憶を失った経緯、そういったものを順序立てて分析する冷静さはとても高校生のものじゃないように思います。

その冷静さを支えているものは何なのか。

と、その前にミナ姫に対する普通の高校生の反応ってのを考えていきます。

ミナ・ツェペッシュの転入に対する学生の反応は、(当たり前だけど)肯定・否定・どちらでもないの三つに分かれました。

否定派の筆頭は会長をはじめとする生徒会の面々。会長は個人的にヴァンパイアに対して何かありそうだし、腹心みたいな髪の長い男は裏がありそうで何とも言いにくいけど、生徒会の反応が実に学生らしいと思います。

学校っていうのは閉じて完結した空間です。外から物や人が入ってくることは珍しい環境。だからその内部の人間なら、得体の知れないバケモノの進入は拒絶したいと考えるはず。学校への帰属意識が並以上あるとこういう反応になる。だから生徒会執行部なんてのは特にこれを拒む。

ただ、学生全員にそんな意識があるはずもなく、この学校もそうでしたが、大半の学生は特に賛否を示さないものでしたね。「メディアで話題になっているミナ姫がうちの学校に」という状況を、これほど身近な出来事なのにテレビの延長線上であるかのように捉えている連中です。

この呑気な学生どもにミナ・ツェペッシュへの関与を促したのが生徒会からの「アキラを捕まえたら予算割増」案。オカネの話になって、ようやくミナ・ツェペッシュは現実の存在となったわけです。

学生の話をしたけれど、実はこれは学生に限ったことではなく、大人の政治家も全く同じ反応でした。「ミナ姫傘下の企業が撤退する」という脅しをもって初めてミナ姫の発言を受け止めるようになった政治家と同じ。ま、学生であれ政治家であれ、突然現れて世間を賑わしている話題の姫は自分には関係のないと思っているわけです。

現代においてヴァンパイアなんていう突拍子もない存在を現実に定着させるにはカネという強烈に現実的な力が不可欠なのかな、とそんなことも思いました。それが大多数の反応。

さてお次は肯定派。なんとも下衆な考えというか、本当に「テレビのアイドルが内の学校に来た! うれしい! ひゃっほう!」くらいのつもりの連中でしたね。彼らはミナ姫肯定派ではあるものの、ヴァンパイアであるミナ姫を最も認めていない人間でもあります。

そんなこんな。こうやって考えるとアキラの反応ってのがいかに特殊なものか分かります。ミナ姫をヴァンパイアの姫であると認めた上でそれを肯定し、付き従っているんですから。

その物わかりの良さというか懐の深さというか、とても高校生と思えない落ち着きの源は何なのか。きっとミナ姫との約束なんですよね。突然記憶を取り戻して、自分がヴァンパイアの姫に仕えることになっていたと知っても、普通の人はこれを受け入れられない。たぶんその重さに負けてしまう。

でもその記憶の中に幼い頃の「ずっと一緒にいる」という約束が紛れていると、そんな重さなんて言うのは吹き飛んでしまいます。ヴァンパイアの姫に仕えることが「重み」ではなくなるっていうこと。

言い換えると、ミナ姫ファンの連中とは全く逆ということになります。つまり、ヴァンパイアであるということをまず認めた上で、しかし女の子でもあると認識しているということ。ミナ姫の全部をちゃんと見られているのは今のところアキラだけです。

はじめに「ティーンなのか疑いたくなる」と書いたけど、そうやって女の子との約束が心を一番深いところにあるというのは、非常に男の子らしいかな。そういう意味で「ティーン ウルフ」だったんじゃないかと。

どうでもいいけど、こういうふうに対比で文章を書くとすごく長くなっちゃうんですよね。

コメント


コメントを管理人にだけ表示させる

トラックバック

◎ダンスインザヴァンパイアバンド第3話「ティーンウルフ」 from ぺろぺろキャンディー 2010-04-07

アキラ、イヤボーンしてミナさんを助ける。ミナさんって、マイメロの琴と、紅のムラサキの声のひとか。おきると、ミナさんといっしょに寝てた。そして、アキラは自分がワーウルフだと思い出す。そして、メイドのネリ、ネラ、ネロがやってきて着替えさせられる。なんか、ど...

このエントリにトラックバック
お知らせ
最新のエントリ
カテゴリ

アニ☆ブロ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。