アニメの目

  • -- - -- --
カテゴリ:
スポンサー広告
コメント:
-
トラックバック:
-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ:
2010冬期
コメント:
0
トラックバック:
0

デュラララ!! 第7話 「国士無双」

感情が抑えられなくなって暴力をふるってしまう静ちゃん。相手のことも自分のことも全部壊してしまうくらいに暴れ回るんだけど、それだけ堪えきれない感情があるってことですよね。

簡単に言うとキレやすい子です。身も蓋もないな。でも間違ってはいないよね。

今までは登場するたびに暴れたり、あるいはセルティと仲の良さげなところを見せたり、まぁ彼の心理についてはほとんど触れられていなかったんですけど、彼の独白を聞いていると、ずいぶんセンチで幼いところがあるように感じました。

ほとんど感情を表に出さずにいる弟は静雄と対照的ですね。芸能界でうまくやっているようですが、その辺からも器用に生きていく方法を心得ているのかな、という気もします。それに対して、静雄は器用なんて言葉から一番遠いところにいる人間ですよね。

そうやって自分と間反対のところにいるだけに、親近感というのはより強いのかもしれない。ことあるごとに暴れ回る自分にいつも付き添っていて「別に怖くない」と言ってくれた弟の存在は、一緒にいられなくなった今でも強くあり続けているようです。

バーテンをやめてもバーテン服を着続けているのも、弟に偶然出くわして心が軽くなるのもそれが理由。親近感なんて言葉じゃ物足りない。分身みたいなものかな。普通の家庭に生まれて、兄は感情を抑えきれずに暴れる不器用人間に、弟は無表情で器用に生きるイケメンに。静雄にとって弟は今の自分とは全く違う別の自分のようなものかもしれません。

静雄はそうやって「今の自分」以外を探しています。その意味では自分の最も大切な部分である首から上を失って探し続けているセルティと同じなのか。もっと言うと、池袋に何かを期待して、自分が何者かになれるんじゃないかと思ってしまう帝人みたいな人たちとも同じなんですね。

池袋の街で、それぞれの物語が微妙に関連しながら『デュラララ!!』の世界は続いています。

コメント


コメントを管理人にだけ表示させる

トラックバック

このエントリにトラックバック
お知らせ
最新のエントリ
カテゴリ

アニ☆ブロ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。