アニメの目

  • -- - -- --
カテゴリ:
スポンサー広告
コメント:
-
トラックバック:
-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ:
2010春期
コメント:
0
トラックバック:
1

迷い猫オーバーラン! 第1話 「迷い猫、駆けた」

すっごいかわいい。萌え萌えする。そんな噂を聞きつけてとりあえず1話視聴。うん、かわいかった。

AICはやればできる子です。AIC無印の絵は何となく好きですね。そこに板垣伸が監督・コンテ・演出・脚本ということで、そりゃまあよく動くしよく喋ります。そういえば監督は交代制で回していくって話のようですが、そのトップバッターが板垣監督って、きっと何かを感じずにいられない人もいるんじゃないでしょうかね。

本題。全体的にすごく猫な感じでした。女の子がみんな猫っぽい。絶対に思っていることの真逆が口から飛び出す二倍返しの超ツンデレ幼なじみとかつるぺたを貶されて泣き、つるぺたを褒められて喜ぶ自己中心的で超素直じゃないぺったんこお嬢様とか。なんかすごい猫っぽいなあと感じました。ま、早い話がかわいいってことです。

乙女姉さんが、某アイドルを育てたりイチャイチャしたりするゲームに登場する青髪の方向音痴さんに非常に似ている件はひとまず置いておくとして、ここはちょっとストーリーについて。まあかわいいかわいいって、そんなことは書かなくても観れば一目瞭然ですので。

芹沢文乃の設定がちょっとおもしろい。どこにでもいるツンデレ縞パン幼なじみのようで、そんな単純なものではないんですよね。

彼女の考えていることと正反対のことを口にするという性格は、別に照れ隠しというだけの理由ではなく、子供の頃、自分の言っていることを少しも信じてもらえなかったという経験から来ているようです。言っても信じてもらえないのなら、絶対に本当のことなんか言ってやるもんか! という感情がツンデレ発言の出発点。

ツンデレにこんなバックグラウンドを与えてるのって珍しい。負けん気の強さ、開き直りがツンデレと相性のいい性格なのは言うまでもないことだけど、それにしてもこういうツンデレ設定は珍しいと思います。

もちろん巧に対してはほとんど照れ隠しのためのツンデレ発言ですけどね。それは巧は自分の言うことを聞いてくれるということを知っているからこそです。巧は自分の言葉を受け止めてくれるから、巧に好意があるということを隠すために嘘が必要になっているだけ。

その辺が文乃のツンツン発言の機微。巧に対しては、他の人にとは違う理由でこういう言葉が口から飛び出しているのです。ツンデレがかわいいと感じるのは、ツン時にかき立てられた独占欲がデレ時に満たされるからという話もありますが、その意味で言うと文乃は究極のツンデレ娘かもしれないですね。だってツン発言ですら独占欲を満たしてくれるってことですから。

さてさてそんなツンデレ考察でしたが、さすがに何度も何度もツンデレと書きすぎたように思えてきましたが、まいっか。ツンデレは日本が誇る無形文化財なんだから。

コメント


コメントを管理人にだけ表示させる

トラックバック

◎迷い猫オーバーラン!第1話「迷い猫、駆け... from ぺろぺろキャンディー 2010-07-07

まず青と白のシマシマパンティーからはじまった。青と白の所有率たかいな高いな。ケイオンの、ミオもそうだった。セリザワフミノさんは思ってるのと逆のことを言うキャラだった。つ...

このエントリにトラックバック
お知らせ
最新のエントリ
カテゴリ

アニ☆ブロ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。