アニメの目

  • -- - -- --
カテゴリ:
スポンサー広告
コメント:
-
トラックバック:
-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ:
2010春期
コメント:
0
トラックバック:
1

デュラララ!! 第14話 「物情騒然」

罪歌という新たなキーワードでもって、首をとりまく物語は次の段階へ。

切り裂き魔の正体は、人間を乗っ取ってしまうという妖刀とのこと。とりあえず前半クールではセルティの首への執着が新羅からの愛情で補われて、新羅こそがセルティにとっての新しいアイデンティティとなったわけですが、ここへきて身体所有者と実態との間に食い違いの生じる存在が登場しました。

セルティは首なしで新羅を好きになったけど、罪歌に乗っ取られた人間は、罪歌の意志のみによって人を襲っているとのこと。つまり、現状では罪歌に乗っ取られた人のアイデンティティは全て罪歌側にあるということなのかな。まだまだどうなっていくか分からないですけどね。

罪歌の所有者は罪歌を持たないときにはどんな意志でどんな行動をしているのかが気になるところです。

それから魂を切る刀っていう設定ですが、これって歪みの原因ですよね。魂を二つに切り離すっていうのは、すなわちセルティの体が首から独立して新羅を愛するに至った出発点です。

心身の分離というか、魂を二つにしてしまったら、それから別々な道を進むことになる魂が生まれてくるわけです。

まあいずれにしても罪歌が後半クールの中心になってくるのかな。あとは園原さんと帝人の話に進展が欲しいなあとか、そんな感じ。

さて、お義父さん。情けないし、かなりバカっぽいけど、これはけっこう面倒な人物が池袋入りしたのかもしれないですね。少なくとも、臨也の部屋にある将棋チェスオセロの遊び方は分かってるっぽかった。見て「どういうルールなのよ」と呟いて終わった波江とはひと味違うようです。

東京の空気は汚い、とか何とか言ってマスクを着けていますが、あれも気になるなあ。だって、(少なくとも序盤は)セルティの首はアイデンティティの象徴として描かれてきたわけですから、顔にものを被っているっていうだけで特別な意味合いを感じます。

彼の自己はどこにあるんだろう。黄巾賊なんかのカラーギャングと呼ばれる集団は、チームに共通する「色」で自分が何者かアピールし、それにが自己認識にもつながってると思うけど、森厳は見ての通り顔まで真っ白。無色はダラーズの色でもあるけど、森厳の白色は少し不気味です。

そういうふうに仲間を作ったり、誰か大切な人を想ったりして、その「つながり」で自身の居場所を確立しようとしているキャラに囲まれて、森厳からは「つながり」が感じられないんですよね。臨也ですら、霊の病院の子のお見舞いに行ったりと、多少その様子は見せているのに。

コメント


コメントを管理人にだけ表示させる

トラックバック

(アニメ感想) デュラララ!! 第14話 「物情騒然」 from ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 2010-04-19

デュラララ!! 4 【完全生産限定版】 [DVD]クチコミを見る 斬り裂き魔に襲われた杏里達。その夜もチャットルームには罪歌と名乗る者が現れ、謎の言葉を書き込んでいく。「今日。斬た。斬るた。もっと、強い、愛、望む、望む、は、欲しい」。斬り裂き魔はダラーズの一味だ

このエントリにトラックバック
お知らせ
最新のエントリ
カテゴリ

アニ☆ブロ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。