アニメの目

  • -- - -- --
カテゴリ:
スポンサー広告
コメント:
-
トラックバック:
-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ:
2010夏期
コメント:
0
トラックバック:
0

あそびにいくヨ! 第2話 「あそびきにました」

分かった。3話からが本編。すごくうまくまとまった感はあっても、ここまでは導入部ですな。

宇宙猫最強伝説な感じで、ほんと真奈美もアオイも相当のものを捨てて助けに来たのに、あまり出番ありませんでしたね。それでもこれが真奈美とエリス、アオイとエリスの大切なファーストコンタクト。3話からストーリーの本筋だとすれば、その前にエリスが地球の人(それも様々な立場の人)とどういう接触を持ったのかというのは大事だと思います。

それが役に立つ立たないは別として、騎央が助けに来てくれたのは、エリスもすごい嬉しかったみたいですし。

ていうかアオイほんとに大丈夫かな。「日本政府に追われる身」ってのんびり騎央の家でテレビ見てる場合じゃないと思うんだけど……。

まあファーストコンタクトだの接触だのと前回の感想からいろいろ書いているけど、それをキーワードと見なすのにはそれなりの理由があるのでとりあえず書いておきます。

どう考えても物語の中心は騎央、エリス、真奈美、アオイの四人ですよね。じゃあ糸嘉州先生の秘密組織ビューティフルコンタクト(だっけ?)はなんのために登場したんだって話ですよ。

微妙に使えない連中の集まりで、彼らがいなくても変わらないストーリー展開は無理なくできたはず。でも、ビューティフルコンタクトは登場した。登場したからには意味があるでしょう。だから彼らの掲げる「ファーストコンタクト」というか「コンタクト」というものに重みがあるはず。

てな具合です。こうやって書いてみると、本当に書くまでもないことですね。

とりあえず彼ら彼女らのファーストコンタクトは成されました。ろくに会話もしてない気がするけど、その辺は次回かな。真奈美とアオイの目的は「騎央を助ける」であって「エリスを助ける」ではなかったわけだし。でもま、そういう事情はエリスも理解しやすくなるでしょう。恋敵とか思ってムキになるのは真奈美くらいのような気もするけど、次回からラブコメも期待。

そういえばこの2話までを導入と位置付けるなら、これが視聴者と『あそびにいくヨ!』のファーストコンタクト。アオイのこととか、真奈美の腕時計とか、いろいろタネはまかれているのでどれも忘れないようにしておかないと。

コメント


コメントを管理人にだけ表示させる

トラックバック

このエントリにトラックバック
お知らせ
最新のエントリ
カテゴリ

アニ☆ブロ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。