アニメの目

  • -- - -- --
カテゴリ:
スポンサー広告
コメント:
-
トラックバック:
-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ:
2010夏期
コメント:
0
トラックバック:
1

GIANT KILLING 第17話

落ち込む世良を堺が励ましてやったり、夏木が復帰戦でゴールをあげたりでETUのFW争いは激化。でも気になったのはそこじゃなくて達海のプランのことでした。

この名古屋に関して、試合は達海の思うようには少しも動きませんでした。鹿島のDFが堅くてなかなか攻撃のチャンスが得られないということで、FWを入れ替えて隙を作ろうとするも、狙っていたかのようにインターセプトからのカウンターで失点してしまいます。

その窮地を救ったのは夏木の「まぐれみたいな」一発。これで同点に追い付いてそのまま試合終了。達海が思い描いたシナリオはひとつも実現されずに試合は終わったわけです。

名古屋には負け続けていたらしく、引き分けただけでも充分と感じる選手も多いけど、もちろん達海ならば勝ちを狙っていたはず。それが引き分けというのは、やっぱり何かがおかしいということでしょう。

名古屋戦の勝利以降、勝ちを落とした試合は二試合。前回の世良が怪我をした試合と、今回の夏木がゴールした試合。いずれも達海のプラン外のことのようです。

「こんなことでオタオタしてられない」と言っていたし、それは確かに正しいんだけど、FWの座をめぐって達海の中では何度も計画の修正がなされているはず。

で、結局何が言いたいのかというと「世良が危ないなあ」と。それは単純に夏木がゴールして世良はゴールしないというだけの話ではないです。達海はなんだかんだ選手をすごい大事に思っていて、結局のところ最後にはちゃんと守ってあげているんだけど、達海のプランから外れ始めた今、達海に世良を守ってやることができるのか? ということです。

もちろんスタメンには11人しか起用できないから、ポジション争いというのは起こるけど、達海だって若くて元気のある世良の未来を摘み取りたくはないでしょう。何かしらFWをうまく共存させることを考えていたはずが、世良が予想外に怪我をして、夏木が予想外に結果を残してしまったことで、その考えは崩れ始めているんじゃないかと、そこが不安なのです。

コメント


コメントを管理人にだけ表示させる

トラックバック

◎GIANTKILLING第17話#17 from ぺろぺろキャンディー 2011-07-05

セラさん、張り切りすぎて足を負傷。セラは軽い捻挫だった。全治一週間。試合は引き分けになる。タツミは、ジェーリーグチップスで自分のチームのカードでない。セラもチップス食べ...

このエントリにトラックバック
お知らせ
最新のエントリ
カテゴリ

アニ☆ブロ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。