アニメの目

  • -- - -- --
カテゴリ:
スポンサー広告
コメント:
-
トラックバック:
-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ:
2010秋期
コメント:
0
トラックバック:
2

えむえむっ! 第1話 「直滑降ファーストライブっ!」

本当に福山潤という男は感動的にすごいと思う。最後の「MM野郎!」と罵られたときの、あの喉からすり抜けたような「はいっ」が素晴らしい。「この役を他の誰にできた?」っていう話ですよ。日本アニメ界の宝であると言っても過言ではあるまい。

まあドM野郎を誉めちぎっても喜んでもらえないと思うので、この話はここまで。

疾走感のある変態いっぱいアニメです。なんだか観ていると「もしかして全員変態なんじゃね?」という疑念がふつふつと湧いてきたのですが、その感覚は正しかった。美少女に蹴られて罵られると性的快楽を感じるドMに、自称神様のドS美少女、男性恐怖症で殴りつけてしまう(あれ? 伊波さん?)こちらも美少女に、女王様的保健室の先生。さらにドM主人公のよき理解者である親友の美少年すら男の娘という絶望的状況です。

基本的にずっとテンションをハイに保って、常に「ドMボタン」が押されるか押されないかのギリギリのところにいるアニメですが、「自分は普通の人とは違う」っていう悩み「それでも理解者がいる」という幸せをちゃんと1話に詰めていて、実は結構バランスがいいように感じました。第1話としては文句なしじゃないかな。

辰吉の女装趣味をドMが受け止めたことで二人の距離は今まで以上にグッと近付いて、むしろこれからの展開に一抹の不安を覚えるくらいの親密度になってしまったのと、ドMが蹴るわ殴るわ罵るわのドS美少女に出会えたというのも幸福です。脱ドM体質からはさらに遠ざかってしまいそうですが。

変態ばかりの極端な人間関係で、さぞ屈折しているんだろうと思いがちなんですが、実はすごい素直な関係。だって誰も嘘つかないし、自分の本性をさらけ出しているから。なんとなく爽快な気分で観られるのは、キャラや設定の目新しさということだけでなく、そういう理由があるからなんじゃないでしょうかね。

最近のこういう類のアニメを観てて特に感じることなんですが、悩みは描いても葛藤や鬱屈は描かないというのが楽しく観られるアニメの条件らしいです。

あとOP、EDの「S」「M」マークとか、「ドMボタン」とか、いろいろ小道具が効果的だったのもよかったのかな。

コメント


コメントを管理人にだけ表示させる

トラックバック

えむえむっ! 第1話「直滑降ファーストラブっ!」 from SERA@らくblog 2010-10-06

俺、Mを治したら告白するんだ…。 なんたる死亡フラグ(笑) 砂戸太郎は、どMを直そうと第二ボランティア部に相談に行くが。 そこにはド...

◎えむえむっ!第1話「直滑降ファーストラブ... from ぺろぺろキャンディー 2011-02-18

主人公のタロウが、ミオさんに木刀で襲われキックされる。そして、ドMのボタンをクリックしてしまう。美少女が俺をけってくれましたと解説はいる。タロウの声、福山潤だった。ミオ...

このエントリにトラックバック
お知らせ
最新のエントリ
カテゴリ

アニ☆ブロ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。