アニメの目

  • -- - -- --
カテゴリ:
スポンサー広告
コメント:
-
トラックバック:
-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ:
2010秋期
コメント:
0
トラックバック:
2

【簡】えむえむっ! 第2話 「似たものどうしのディスタンス」

気付いたことを少しだけ。

男性恐怖症の結野は男性の多い電車には乗り込めないで、夜まで電車を遅らせないといけないほど。で、駅のベンチに腰掛けるわけですが、そのときに鞄は足下に置く。隣の席に置いておけばそこに男性が座りに来る確率を下げられるにもかかわらず、一人で二つの席は占拠しない。

太郎がそうしていただけに目に付いたわけですが、やっぱり結野には「私が普通じゃないのがわるいから、他人には迷惑を掛けないようにする」的な考え方が見てとれます。

太郎が来たから「近寄らないで」とも言えるけど、もし知りもしない男性が来たら? ということを考えると、きっと結野は黙って我慢するか、そそくさと立ち去るかのどちらかだったでしょう。殴りつけるという可能性は結構低いんじゃないかな。

実際、太郎以外に殴りかかっている様子は表現されていないですし。その点『WOKRKING!!』の伊波さんとは違って、初めから太郎は特別な存在っぽい。

結野と太郎が「似たものどうし」なのは、共に教室でマイノリティに属し、疎外感を感じてきたという点について。そういう人間にとっては「自分を引っ込める」はもはや癖なのかもしれない。

でも人類として最底辺に属するドM野郎が相手ならそんなことを気にしてやる必要もないというもの。結野の男性恐怖症を治すには慣れが必要という美緒の策は意外と功を奏して、太郎相手に「引っ込めない自分」を慣らしてしまえばいいのかも。まあ太郎は変態ドMといいながらも主人公が備えていて然るべき優しさは持ち合わせてもいるし。

初めはドキドキだった分かれ道の交差点を、動物園デート後には自然な様子で一緒に通過できるようになったというのがその成果でしょう。それと笑顔。笑顔って自分を押し出す最高級の表情です。それを自然に出来るようになったというのも成果。

でもま、ドMと男性恐怖暴力症女というのはピースとしてドMと女王様よりカチッとはまっているような気がする。

【簡】は簡単感想の意味です。「名刺の裏に書ける程度の趣旨」しかないエントリにはこのマークを付けることにします。

コメント


コメントを管理人にだけ表示させる

トラックバック

えむえむっ! 2話 from アニメ徒然草 2010-10-13

変態は変態を知る。というわけで、「えむえむっ!」2話君は僕に似ているの巻。男に殴られて以来男性恐怖症になった嵐子さん。女に殴られて以来マゾに目覚めた砂戸君。外的要因でおか...

えむえむっ! 第3話「君のためのドッグファイト」 from SERA@らくblog 2010-10-18

嵐子の友達・間宮由美は嵐子を同じ女子高に転校させよと来たのでした。 これは罠だと思います(笑)  転校したら嵐子が別の道に落ちていき...

このエントリにトラックバック
お知らせ
最新のエントリ
カテゴリ

アニ☆ブロ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。