アニメの目

  • -- - -- --
カテゴリ:
スポンサー広告
コメント:
-
トラックバック:
-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ:
2010秋期
コメント:
0
トラックバック:
3

STAR DRIVER 輝きのタクト 第5話 「マンドラゴラの花言葉」

捉えどころがない。なんだこれは。暗号なのか?

ちなみにマンドラゴラ(マンドレイクと言ったほうがいいのかも)の花言葉は「恐怖、幻惑」だそうですね。

放送直後のGoogle急上昇キーワードに「マンドラゴラ 花言葉」とかあったんじゃないかと思うのですが、そのご多分に漏れず、僕も検索したクチです。

はっきりと申し上げて、今回のは完全なバカコメでした。その物語に込めた「マンドラゴラの花言葉」の意味するところが全く分からない。根拠も蓋然性もなくああだこうだと言うのもどうかと思うので、分からないことに関しては沈黙することにして、なんとなく気になったことだけ書いておきます。

今回のお相手はプロフェッサー・グリーンことオカモト・ミドリ先生。美少年大好きな保健の先生です。もうアブナイ臭いしかしません。しかし極めて若い。若さで言うとワコよりも下。ニチ・ケイトよりはよっぽど下なのです。

それを象徴する発言が「○○しちゃいけないって校則にあるの?」で、これは小学生か、せいぜい中学生レベルの精神。今どきの高校生はあんなこと言いません。言えません。ウィンクに投げキッスという大時代遅れなコンボからも分かることだけど、彼女、ちょっと頭がいっちゃってます。

でもすごい特殊なキャラであったと思う。綺羅星の仮面は人の表の顔と裏の顔を区別するためのギミックとして機能しているのだけど、彼女の場合はその仮面が意味を成していないんです。要するに「腹に一物」がない。ただただ美少年を追い求めるという求道者です。その辺が「本物」。

しかし実際には3つの顔を持っていたはずです。保健の先生=オカモト・ミドリ、突如現れた学園アイドル=ヒナ、それから科学ギルドのリーダー=プロフェッサー・グリーン。でも、その全てで美少年好きという筋を通した。いろんな顔を持っているのにもかかわらずオカモト・ミドリ=ヒナ=プロフェッサー・グリーンは終始「一人」であった。

これが彼女の個性の特異性だと思います。当然対比されるのは少年少女の集団のくせに「おとな銀行」を名乗り、裏の顔、裏の思惑をもつワタナベ・カナコ(頭取)やダイ・タカシ(バンカー)ですよね。「あんなものは青春じゃない」ということを感じたのですが、今回のオカモト・ミドリ先生からは強烈な青春を感じました。

それはもちろん彼女の清々しさから。タクトにかつてないほどの苦戦を強いておきながら、「おたのしみモード」突入であえなく撃沈。もうバカの極みです。極まった清々しさです。

サカナちゃんも言っていたように、本当に手に入れたいものならリスクを恐れてはいけないということだと思う。真剣勝負の合間に、負ければサイバディのスタードライバーでなくなるというリスクを冒してでも、タクトの体に見惚れるのです。その若々しさは「青春」っぽい。

とはいえ「全くもってまっとうな青春」と言うこともできないんですよね。だって、どう考えたって歪んでいるもの。

サイバディによって若返り、マンドラゴラの惚れ薬で逆ハーレムを作り出す。自分の目標に向かって突っ走る清々しさは「青春」っぽいけど、こういった無理矢理は「青春」っぽくない。特に前者は、一度過ぎた時間を巻き戻しているという意味では完全にタブーです。要するにあの先生は「青春」を高校生の時分だけに収めることができなかった人なんだろうなということ。その意味では、彼女の「青春」はもうすでに終わっているべきものだったと言えるんじゃないかな。

おとな銀行やオカモト・ミドリ先生といった、「少し違うのではないかと思う青春」を描いてくる意味を考えると、やっぱりこれこそが「青春=学園パート」が侵食されているということに他ならないんじゃないだろうかとか今思いつきいました。

あ、今のはちょっと前に封印した「スタドラ=学園軸+ロボット軸」という枠組みを早くも掘り起こしたわけなんですが(→3話感想,“「学園アニメ」と「ロボットアニメ」の融合という枠組”)、実際に前回はゼロ時間内に対象者の望む世界(現実に近い)を作り出すというサイバディが登場し、今回は現実世界で若返るという現象が起こったわけで、サイバディそのものは未だにゼロ時間から出られないのだけど、それでもかなり現実世界(=学園)に干渉してきていると感じたからです。

ロボットパートによる学園パートの侵食は、歪んだ青春の拡散というところから始まっているのかもしれない。そう考えると、学園=正しい青春=ワコを守ることがタクトの「やるべきこと」であり「やりたいこと」でもあるのかもしれない。

まだまだ仮説の段階ではあるけれど、「学園」と「ロボット」という二つの柱という構造を暫定的に復活させてみようかなという気にはなっています。

しかし同時にまだまだ下積みの段階で、そういうことを考えるのは早いのかもしれないとも思っています。2クールのオリジナルアニメを見るペースを忘れてしまっているのかもなあ。

コメント


コメントを管理人にだけ表示させる

トラックバック

STAR DRIVER 輝きのタクト 第5話 「マンドラゴラの花言葉」 from のんたんのanime大好きブログ 2010-11-05

・規則さえ守ればいいのか  今回、校則違反という言葉が何度も使用され、校則というルールがひとつの指針として示されていたように思われました  たしかに、ルールというものは従うからこそ意味をなす...

STAR DRIVER 輝きのタクト 05話『マンドラゴラの花言葉』 from 本隆侍照久の館 2010-11-05

芝居は格闘技だとことで、演劇部はストレッチをおこなう。 それをやるのは室外にて。もちろん理由はファンサービスw

STAR DRIVER 輝きのタクト 第05話 「マンドラゴラの花言葉」 from ひそかにささやかにアニメを応援している日記 2010-11-05

炸裂しました。 豪快にのうでぇ銀河くびすじぃ十文字あ... さこつぅ斬りぃおいしそ~、しまったー

このエントリにトラックバック
お知らせ
最新のエントリ
カテゴリ

アニ☆ブロ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。