アニメの目

  • -- - -- --
カテゴリ:
スポンサー広告
コメント:
-
トラックバック:
-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ:
2011冬期
コメント:
0
トラックバック:
2

魔法少女まどか★マギカ 第1話 「夢の中で会った、ような……」

アバンで「ちだまりスケッチ†††(はかみっつ)」の悪い予感が的中かと思ったけど、まあそれ以降は普通に可愛い女子高生を書いてくれて僕は安心しました。

とは言っても濃い。「あれ? この音楽は……」と思えば梶浦由記&Karafinaで、「あれ? この絵は……」と思えば犬カレー。そして今後「あれ? この展開は……」と思えば虚淵玄だったりするのでしょう。いやはや、やっぱり「ちまだり」くるかもね。

っていうのも、片鱗はすでにあった。シャフトが描くから全然普通には見えないのだけど、まどかの家庭は、優しいお父さんがいて、格好いいお母さんがいて、可愛い弟のいる普通の家庭。学校はといえば、仲のいい友達がいて、蒼樹うめらしいキャラクターの先生がいて、それはまた幸せな学校。

だから、まどかは家族も友達も「とっても大切」だと言える。それはすごく当たり前のことで、だけどきっとすごく大切なことです。きっと、ほむらが失ったもの。

でも変わりたい。男の子からラブレターもらうために美少女に変身という話ではないけれど、今の自分とは違う自分にはなってみたい。そう願わずにはいられない。だって女の子だもの。(というとまた一部の方の反感を買ってしまうのかな)

そこに現れたキュゥべえは「僕と契約して魔法少女になってほしい」と言い、さらに「ひとつだけなんでも願い事を叶えてあげる」と言う。ああ、こう言うところにピントを合わせてくるのだなあ。

まだまだ展開は読めないし、これはあくまで初回視聴のファーストインプレッションなわけだけど、これからきっとこうなっていくんだろうなあというところ。つまり、普通の、ごくごく普通の女の子が「変われるチャンス」に対してどう向き合っていくのか。

「変わる」とは言っても自分一人だけ変われるはずもなく、間違いなく自分の周りの人を巻き込むもの。ひょっとしたら自分の「とっても大切」なものを失うかもしれない。でも、変われるチャンスに怯えてしまっては、変われない。

あの異空間は犬カレーさんのすることなので安直な判断はしたくないんですけど、あの綿にひげが生えて蝶々に乗っかっている敵(?)は、髭=蝶々=大人だとざっぱりと判断してしまうなら、あれは「少女」に相対するものですし、まどかの変化≒成長の過程で「大人」というモチーフはやはり出てくるのかもしれないですね。

なんだか散文的になってしまった。今年からはスマートで簡潔な文章を心がけたはずなのに!

そんなわけで「魔法(日常を良くも悪くも変えるもの)」「少女(発展途上でまだまだ変わるもの)」+まどか+(★マギカ)なアニメなのかなあ、というところで、次回を待つことにします。

これは視聴者のファーストインプレッションであったのと同時に、まどかにとってのファーストインプレッションでもあったのだから、むしろこの次、セカンドオピニオンに期待。もちろん、まどかのオピニオンには、自分なりの考えで応じたい。

※ところで脚本がクレジットされていないような気がするのだけど……

コメント


コメントを管理人にだけ表示させる

トラックバック

魔法少女まどか☆マギカ 第1話 夢の中で会った、ような・・・ from crystal cage 2011-01-07

第1話のあらすじ どこにでもいる普通の中学生、鹿目まどか。 彼女が見た夢、それは荒廃したビル郡、そして一人何かと戦う黒髪の少女だった。 その朝、学校のHRでとある一人の転校生を紹介される。 それはなんと、まどかが夢で見たあの少女だった・・・!? な

魔法少女まどか☆マギカ 01話『夢の中で会った、ような…』 from てるてる天使 2011-01-09

典型的な魔法少女展開(´・ω・`)

このエントリにトラックバック
お知らせ
最新のエントリ
カテゴリ

アニ☆ブロ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。