アニメの目

  • -- - -- --
カテゴリ:
スポンサー広告
コメント:
-
トラックバック:
-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ:
2011冬期
コメント:
0
トラックバック:
1

お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! 第1話 「兄と妹のヨコシマな日常」

元永監督は記憶に新しいところでは『刀語』でその腕を見せてくれたのだけど、それ以前は男の子と女の子がキャッキャするエロゲー原作なアニメを手がけていたのだから、こういうのはきっと得意のはず。(というか、『刀語』すら男の子と女の子がキャッキャするところが魅力だったと思うほど)

個人的には去年で最も面白かった、というか楽しませてもらった『ヨスガノソラ』と、国民的ツンデレ妹の『俺妹』の放送が終わり、そしてやってきたのがこの『お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!!』です。あまりに長いので『兄好』と略すことにします(もう少し卑猥な略しかたもあるようですが)。

放送前に、絵を見た段階で確信したんだけど、これ可愛く描いてやる気がない。誰がどう考えても可愛い妹を愛でるアニメのはずなのに、この作画。このすらしかたが素晴らしいと思う。

っていうのも、ビジュアルで売る気がない。言い換えると、このビジュアルでも面白いと思えるようなものを作る気概がある。作画が乱れるとか言うレベルの話じゃないですからね。そう言うところが、「ひょっとしたら面白いのかもしれない」と僕に期待させる要因でした。

で、実際に見てみると、予想の真横。別に上は行かなかった。真横。で、今期の他のアニメと比べても、一つだけ遠く遠くの横に位置している感じで、決して面白さで上回っているわけではないんだけど、他のアニメとのポジション関係がすでに面白いと感じたり。

だって、妹ブーム到来かというこのタイミングで、継投がこの遥か遠方に位置しているのです。ただブームにのっかっるようなことはしない、みたいなストイックさすら感じてきました。

でも、初見、実は『俺妹』なんかとそれほど変わりはないように思いました。基本的に兄も妹も愛し合っている変態という意味では『俺妹』と変わりはないのです。違うのは売り方だけかな、と納得しかけたんだけど、どうもそう簡単な話ではなさそう。

っていうのも、『俺妹』は兄目線で『兄好』は妹目線。この差は大きい。

いずれのタイトルにも「ない」「じゃない」と否定語が入っていて、そこもツンデレという共通点と見られがちだけど、これは根本的に違うはずです。(そもそも『兄好』の奈緒はツンデレじゃなくて擬ツンデレだし)

『俺妹』の「ない」は、兄・京介ができすぎた妹を指して「こんなはずがない」と否定的であるフリをしているのに対して、『兄好』の「じゃない」は、義妹がツンデレを装って「好きじゃない」と否定的なフリをしているのです。

否定的なフリをする主体と対象が反対。

要するに、『俺妹』は妹・桐乃がなかなか本心を出さずにもじもじイライラしている様子を愛でるアニメで、逆に『兄好』は妹がその変態な脳内をだらしなく垂れ流す様子を愛でるアニメ。

妹が兄のベッドに侵入というシチュエーションは『俺妹』にもあったけれど、その同じ現象を扱いながら楽しむポイントは全く違っていて、それがまた面白い。『俺妹』と『兄好』のベクトルの違いは決して作画の違いではなくて、そういうポイントの違いなんだと、1話でとりあえず理解しました。

それにしたって本当は大好きで変態なのに、ばれないようツンデレを装ってごまかしている(つもり)の妹は、あんな絵でもその行為自体に萌えるということが判明しました。やはりそういう感情は行為に宿る。

コメント


コメントを管理人にだけ表示させる

トラックバック

◎お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃ... from ぺろぺろキャンディー 2011-06-21

お兄ちゃんのパンツなんか絶対ぬすんでないんだからねが始まった。主人公が寝てると、妹さんがとなりでてねた。高梨奈緒(たかなしなお):声-喜多村英梨:キュアベリーの声の人高...

このエントリにトラックバック
お知らせ
最新のエントリ
カテゴリ

アニ☆ブロ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。