アニメの目

  • -- - -- --
カテゴリ:
スポンサー広告
コメント:
-
トラックバック:
-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ:
2011冬期
コメント:
0
トラックバック:
4

STAR DRIVER 輝きのタクト 第14話 「アインゴッドの眼」

「アインゴッドの再生によって物語は急転するはず」というようなことは以前から書いていたことだけど、ううん、こうくるとは思わなかったぞ。『スタドラ』は絶妙なタイミングで微妙に予想を裏切ってくるのが面白い。

みんなが大好き銀河美少年。タクト様を好きな女子は学園にたくさんいて、夜間飛行の新作でキスシーンがあるとなると話題騒然。タクトは1クールで片っ端からフラグ立てまくってハーレムが築かれつつありましたから。巫女、人妻、ロリ先輩などなど。こうやって考えると本当に節操がない……

で、ミズノもマリノもその一人。不思議魔女っ子ミズノには恋愛において足枷となるような障害は一切ないのです(例えばワコにとって巫女とかスガタはストッパーになりうる)。だからヤング☆ガンガン(笑)なのです。

ミズノがそうやって好きなものを好きなだけ追いかけるのはいい。そういう姿こそ、マリノの守りたいものだから。ただ問題があって、タクト様はアイスのように二つは用意できないのです。

ずっと同じものを好きになって、ずっと同じものを見続けて育ってきた双子が、うっかり同じ人を好きになってしまって…… なんて書いたらそこらにありふれたちょっとしたお話みたいなんだけど、そこにサイバディとかを絡めてくるのが面白い。

ただ呑気に好いた惚れたと言っていればいい「学園」パートはどうも終わり。それに合わせてアインゴッドが再生され、綺羅星にとってもただ「旅立ちの日」を目指していればいいというわけではなくなってきたようです。

同じ人を好きになってしまったということに気付きながら、マリノは好きなものを追いかけるミズノを守ろうとしています。「守らなきゃ」は義務や責任感というバックボーンを感じさせる発言だったけど、自由奔放なミズノを守り続けるマリノの意志はそろそろ臨界点に届こうとしているのかもです。

マリノが綺羅星に所属しているのはミズノを守るため。というか、ミズノの日常、ミズノの「学園」生活を守るため。その意味では、マリノは初めから「学園」サイドの人間だったということだけど、イヴローニュにミズノのことがばれてしまった以上、それは難しい。

ていうかここで文句を言わせてもらうと、僕はミズノがあまり好きでない。不思議っ子も魔女っ子もガンガンも好きだけど、姉との関わり合い方が最悪だと思う。

「ボクとマリノはいつも同じものを好きになる」と自分自身で言っていたから、マリノがタクトのことを好きなのは知っている。知っていて、なぜああ振る舞えるの? ミズノがマリノのためならなんだってする(タクトからも身を引く)ということを認識できないの? ずっと自由に生かされてきて、それこそカラスのように気ままに生活しているのが、全部マリノのおかげだと思わないの?

ミズノにとっての「恋愛の難しさ」は、どうしたら彼の気を引けるかとかそんなのろけた話じゃなく、どうすれば一つしかないアイスを姉と両者納得のいく形で食べることができるのか、です。いつまでも呑気に生きられると思うなよっと。

あえて暴言を連ねてみたのですが、アインゴッド再生という転機に重ねてイチャラブ恋愛パートも少しずつ様変わりしてきたようだ、ということを書きたかったのです。ワコの内心だって、ちょっとドロドロし始めているし(それにしては最後の「ひみつ」から吹っ切れたような印象を受けたのだけど、なぜあのタイミングでそういう声になるのかはよく分からない)。

アインゴッドは再生される。再生されるからには巫女が見つかってしまう。ならば自分がアインゴッドに乗り込んで「巫女はいなかった」と言えばいい。でも、そのためには(学園に相対する存在である)綺羅星に入らないといけないし、それは非常に危険なこと。マリノが綺羅星に身を寄せてアインゴッドのスタードライバーとなることには、間違いなくジレンマが内在しています。どうすればいいのか分からないけれど、とりあえずその場しのぎの策を練ってミズノを守ろうとする。

このジレンマと、タクトをめぐるジレンマがシンクロしていて、そこがすごく面白い。まあ悩むことは学園乙女の仕事でありますから、もっと大いに悩んでおくれ。悩む女の子は大好きです。ただ、自我崩壊してしまう前にタクトとかに相談すること。そして妹よ、お前はもう少し悩め。

そういやクールが変わってOPとEDが一新されましたね。あの青のサイバディはやはりザメクか? 二人は戦っちゃうのか? でも颯爽感がすごくあって、なによりも最後に流れ星が三つ流れたよ! いいね、幸せなOPです。

EDにしても、なぜかいきなりワコは半泣きだし、彼らの日常学園生活がずれ始めるという演出バリバリだったんだけど、最後にはそのずれも元通りになって、ああ、いいなあ、幸せなEDです。

コメント


コメントを管理人にだけ表示させる

トラックバック

STAR DRIVER 輝きのタクト 第14話「アインゴットの眼」 from 隠者のエピタフ 2011-01-15

全てを見通す力を持つサイバディだけに闇を覗いてしまったのか

STAR DRIVER 輝きのタクト 14話『アインゴットの眼』 from 本隆侍照久の館 2011-01-15

『大丈夫だよ、ミズノ――――。 私は、あなたを守るために、ここにいるんだから』

STAR DRIVER 輝きのタクト 14話『アインゴットの眼』 感想 from てるてる天使 2011-01-15

タクトの好みは誰……?

◎STARDRIVER輝きのタクト第14話「アインゴット... from ぺろぺろキャンディー 2011-06-28

ミズノさんがまたバスの上に乗る。ミズノとマリノの家に、タクトくんがやってくる。ミズノをおぶってた。引き出しのパンティーを目撃する。彼女の家に遊びにいったりしないのとミズ...

このエントリにトラックバック
お知らせ
最新のエントリ
カテゴリ

アニ☆ブロ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。