アニメの目

  • -- - -- --
カテゴリ:
スポンサー広告
コメント:
-
トラックバック:
-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ:
2011冬期
コメント:
0
トラックバック:
1

魔法少女まどか★マギカ 第8話 「あたしって、ほんとバカ」

魔法少女魔女化予想、実現。そしてキュゥべえの正体はインキュベータ、すなわち、魔女培養装置、魔法少女育成器。

まどマギ初期は、こんなシナリオではあるけれど、それぞれ少女たちは心に純潔を保っている、というふうに考えていたのだけど、少しだけ違った。まどマギは少女たちの純潔が犯されていくさまをねっとりと丁寧に描いていたわけだ。

まどかがマミさんを見て憧れた「誰かの役に立てたらな」が、今では物語の中心にあります。誰かのための祈りは、等しく誰かへの呪いを生み出し、それを肥やす。誰かのために祈れば祈るほど、心は黒く汚れ、いずれ魔女になる。少女たちの純潔は汚され、いずれ壊れる。

さやかの悲劇が説得力を持ちすぎています。自分のための魔法は使わない。自分のためには願わない。そうやって戦い続け、心の傷を負い続け、他者を呪い、自分を呪い、魔女になった。

まどかを拒絶する言葉が痛々しすぎて、見てられなかったです。自暴自棄と世界全体への呪いが混濁していて、でもそれを「あたしバカだ」と感じるだけの、ほんの少しの純潔も残されていて、本当に辛い。

他人のためだけに力を使い続けた結果、他人からの手助けを受け入れられなくなってしまっています。まどかが「役に立ちたい」と言っても、「こんな自分のためになにをしてくれるのか」と。

誰かのために力を使えば使うほど、誰かを呪わずにはいられない。利己的なようで、それは人として当然。ましてや「少女」なのだから、世界の不条理に耐えうる精神を持っているはずもないです。

ここへきて、全員が「誰かのための行為」に浸かっています。まどかはさやかのために魔法少女になろうとし、ほむらはまどかのためにさやかを助け、杏子はさやかを救ってやりたくて必死。詰まるところ、今までの展開は全てキュゥべえの思惑通りということなのかな。全員が誰かのために動き、誰かを呪い、そして魔女になっていく。

自分のために生きるのをやめ、誰かのために、誰かと共に生きていくことを選ぶ。これが少女が女になる条件、すなわち子供から大人への変化の条件か。これを否定しているのって、普通に考えておかしい。自己中主人公が仲間と一緒に戦っていく中で協調性を身につけ成長する、というテンプレにことごとく反している。

そもそも、いまだにまどかが魔法少女になっていない(ともすれば最後までならないというルートもありうる)という、変化そのものを拒絶しているシナリオです。1話のほむらの言葉、今の家族や友達が大切なら、変わりたいなんて思っちゃいけない、が、ここまでずっと尾を引いている。すんごく特異。

結局どこに落ち着けたいのかが全然読めない。現在「誰かのための祈り」に焦点が合っていることは確かなのに、それをどう料理していくつもりなのかが分からないのです。テンプレにはまっていれば教科書的な考え方で容易に想像できるのだけど。その意味でも、まどマギはオリジナルアニメとしてのメリットを最大限引き出しているのかも。

ちょっとメタな話をしました。本当はまどかがポジティブに魔法少女になって、魔女になることなく成長して、さやかもなんとか復活して、みんなでハッピーというのが嬉しいけど、このまま鬱エンドも、あり得ないでもない。

魔法少女以前を描いているということなんでしょう。変わるとはなにか、力の行使の意味するところは、願いというのは本当に美しいものなのか。一石どころじゃない、十石くらい投じられて、頭の中がひたすら混乱しています。

【余録1】ほむら=別時間軸人間、簡単に言えば未来人? だからまどかの運命も知っているし、キュゥべえの正体も知っている。ひょっとしたらまどかを救うためのトライは一度や二度じゃないのかも。ワルプルギスに関して「統計」と言っていたし、まどかに懇願するさまが無数の水滴に映し出されていたし。

【余録2】インキュベータはシステムとして破綻しているように感じる。つまり、魔女の収支が合わない。これまで見てきた感じだと、どう考えても魔女が赤字。魔法少女一人あたり一人の魔女を殺して、その後魔女になるというので初めてプラマイゼロなのに、これじゃあ大損だ。それに魔女がマミを喰うメリットだってない。この矛盾はどう解消されるのか。

しかし、大人を喰らって子供が「成長」するというのは、ものすごく辛辣だなあ。でも、自然界じゃ親子でそういうことをしている動物だって多いか。それなら魔法少女(or魔法少女の素質を持つ子)って自然発生的に生まれるんじゃなくて、魔女が生み出しているのかも。キュゥべえも魔女のエージェントか?

【3月9日追記】使い魔から魔女に成長するパターンもあるから、破綻しているとは言えない、とのご指摘いただきました。ありがとうございます。まったく、その通りにございます。ただ、そう考えると魔法少女→魔女と使い魔→魔女といったように生成パターンが複数存在して、あんまり美しくないなあとか、キュゥべえに関する情報が出た後だから言えることとか、次の10話感想で言及する予定です。

コメント


コメントを管理人にだけ表示させる

トラックバック

(アニメ感想) 魔法少女まどか☆マギカ 第8話 「あたしって、ほんとバカ」 from ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 2011-03-03

魔法少女まどか☆マギカ 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]クチコミを見る ●意見交流の場として掲示板を設置しました。記事の感想や意見、原作ファンからの補足、もちろんアニメの感想 ...

このエントリにトラックバック
お知らせ
最新のエントリ
カテゴリ

アニ☆ブロ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。