アニメの目

  • -- - -- --
カテゴリ:
スポンサー広告
コメント:
-
トラックバック:
-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ:
2011夏期
コメント:
0
トラックバック:
0

うさぎドロップ ツイッター感想まとめ

ツイッターで書いた『うさぎドロップ』の感想ツイートをこちらにまとめます。週一程度で上書き更新する予定です。mukaiamanori+#usadrotvを検索した結果と判断してください。

最終更新:7月17日分

7月17日

  • 03:47  面白いと評判の『うさぎドロップ』の1話を視聴。たしかに面白い。まず、ああいうやわらかい絵で環境を描けるのはIGの技術であると思うし、その環境(場)に大吉とりんの心象を投影することに成功していて、技術が「きれいだな」で終わらず、ちゃんと生きているように感じる。 #usadrotv
  • 03:48  大吉とりんの共通点として、遠くにいるおじいさんを見ている感が強い。親戚が「台所使いづらい」「いくらお包みすれば」と目先のレベルの処理に追われているのに対して、大吉はむしろそういうところに興味がない。例えば月であるとか、庭の隅の竜胆におじいさんを感じている。 #usadrotv
  • 03:48  りんと大吉はそういうレベルで同じものを見ることができる。そういうところが、あの家において親戚が同居せず、二人きりになれる場(縁側、庭)として表現されているように思う。しかし、同じ場に寄り添い物理的に近付くが、お互いの身体には大きい差異がある点は留意したい。 #usadrotv
  • 03:49  りんが台の上に立っても届かない時計に、大吉が届いたりする。ここは2人の違いというものを端的に感じることができ、りんが見ているが届かないほど遠いところには、大吉が手を伸ばしてあげることで解決している。 #usadrotv
  • 03:49  また、大吉の家のちゃぶ台を前に、大吉は座布団一枚、りんは二枚重ねの上に座ったりする。そういうりんの工夫で同じ高さのちゃぶ台で、同じようにご飯を食べるのが、1話における2人の関係の終着点としてすごく微笑まく思う。 #usadrotv
  • 03:51  フジでは2話が放送されているので1話の物語的なところに関する思い付きは自重しようかと思っていたけど、興奮してついやってしまうくらいに面白かったです。りんがおばさんっていうのも、なんかいい。 #usadrotv

twtr2srcを利用してツイートを抽出しています。

コメント


コメントを管理人にだけ表示させる

トラックバック

このエントリにトラックバック
お知らせ
最新のエントリ
カテゴリ

アニ☆ブロ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。