アニメの目

  • -- - -- --
カテゴリ:
スポンサー広告
コメント:
-
トラックバック:
-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ:
2009春期
コメント:
0
トラックバック:
0

シャングリ・ラ 第7話 「悲想恩讐」

前回がオロチ退治で大捕り物だったから、今回はそのクールダウン。このタイミングでいったん物語を落ち着けるのかなと思ったら、エンディングで絵コンテ切ったのがあおきえいと判明。ここでビッグネームを起用か。意外と重要なことを言ってたんじゃないだろうなと思って再度視聴です。

ただよくよく考えたら、あおきえいってそれほどの名前でもないのかな。でも個人的には大好きだし、相性もいいと思ってるのでじっくり見させていただきました。

恩讐:恩と仇、情けと恨み。英語にすると love and hate なんて言うらしい。ここまで全部goo辞書。ニュアンス的には恨みや仇っていう方が強いと思う。

タイトルを見た段階で考えたのは、負の感情の連鎖みたいなものかなって感じだったんですけど、どうなんだろう。レナ(いじめっ子)はアトラスと下界の二層化の流れで森に飲み込まれた町の出身らしい。で、まぁ生きていくのに困って何かやっちゃって捕まったんだろうってことは簡単に想像できますが、その収容先でアトラスランクを餌に踊らされる。これってもう、悪いの全部アトラスのような気がしてきます。

アトラスに踊らされる中で生き残るのに必死な非アトラス人はお互いに足を引っ張ったり蹴落としたり。それが負の連鎖だ、って…… あ、こりゃこじつけですわい。

ただ、そんな生き残るためにお互いを踏み台としてアトラスを目指す非アトラス人中で、國子はすごく特別のようです。誰かを蹴落としてまで上に行きたくはないって言うか、レナ風に悪い言い方をすると自己満足な自己犠牲なんだろうけど、とにかく苦労を同じくするものに対して寛容。友香にも、レナにも。

その包容力があったから、昔のセンターでリーダー的な存在になれたんだろうけど。ナオとか、今でも國子の味方になってくれる人はいたしさ。太陽の呼び名に相応しい人物。

そんな感じで國子を掘り下げる話だったのは確実です。が、涼子様は國子を死刑にしちゃっていいの? 國子に用があったからわざわざ下界まで降りてきたんじゃないのかな……

まぁ涼子様はドSだからなぁ。真性のドSだ。今回はちょっとそれっぽいコスプレまでして登場だったけど、きっと國子が3日間炎天下に立たされている間に裏では例のドMくんとのお楽しみもあったでしょうに、と勝手に妄想。「今まで涼子様にされた仕打ちの中で……」に新たな1ページが!

冗談はそれとして、未だにアトラス公社が何をしたいのかが全然分かってないんですよね。

いつもにも増してかわいかった香凛ちゃんはほんの数十秒間だけ登場。香凛ちゃんのニート化したメデューサは、前回第2メデューサが破壊されたのを見たことで何かを「学習」したってことだと思うけど、アメリカに喰い付かずに木星を観察? 「はたらきたくないでござる……」ではないと思うんだけど。ま、とりあえず木星に行ったら水はないよね。それくらいしか言えません。

コメント


コメントを管理人にだけ表示させる

トラックバック

このエントリにトラックバック
お知らせ
最新のエントリ
カテゴリ

アニ☆ブロ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。