アニメの目

  • -- - -- --
カテゴリ:
スポンサー広告
コメント:
-
トラックバック:
-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ:
2011秋期
コメント:
0
トラックバック:
0

2011年秋アニメ 1話印象 ③ : C3,WORKING'!!,君と僕。

頭が痛いんじゃなくて目が痛いんだ。

はい、期待よりもよさそうな『C3』および、期待通りの『WORKING'!!』、いまいち不明な『君と僕。』の3本です。

C3

昨日のエントリでは、幾何的な演出について触れましたが、話としてもなかなかここちよい。優しさというものに不慣れな様子が伝わってくる。

それから、「呪うぞ!><」っていうフィアが、なんとも可愛らしい。

前情報の絵は、同じSILVER LINKの『バカテス』を思い浮かべずにはいられないようなそっくりな絵だったから少し不安だったんだけど、公式サイトとかの絵ほど、本編の絵は似ていないように思います。

それから、話のテンポとしてはバカテスよりもむしろこっちのほうが好みでバカテスはひとつひとつが「これはネタだよ」ってアピールが強すぎるように感じていました。、ゆかりんボイスに癒されております。

WORKING'!!

2期になって監督が平池さんじゃなくなったのに、エンディングで気付きました。大槻敦史監督作品は、実は初めてなのでお手並み拝見と言うことで楽しみにしています。

さて、それで1話はと言いますと、やっべー驚くほどなにも変わらんなー。

とは言ったものの、あまりよく覚えているわけでなく、強いて言うなら、1期よりもストーリー(つまり、伊波さんと小鳥遊の関係)を前進させるつもりがあるのかなあ、という感じ。

今期最大の安パイだと思っているので、適度に遊びを混ぜながら楽しませてもらえると最高です。あ、ぜひ鎌倉由実回をひとつお願いします。

君と僕。

これが非常に困る。

まず、ターゲット層が分からない。それもあって、どうやってみたらいいのかも分からない。退屈ではないんだけど、全体的になんだか眠くなる(桜の花びらって、そういう効果ある)。

現段階ではなんとも述べること叶いません。ゆっくり見ていって、最終話を見るまでには「君僕とはいったいなんだったのか」ということをはっきりさせたい、みたいな。

コメント


コメントを管理人にだけ表示させる

トラックバック

このエントリにトラックバック
お知らせ
最新のエントリ
カテゴリ

アニ☆ブロ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。