アニメの目

  • -- - -- --
カテゴリ:
スポンサー広告
コメント:
-
トラックバック:
-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ:
未分類
コメント:
0
トラックバック:
0

話数単位で選ぶ、2011年TVアニメ10選

乗っかってタイトルと一言だけ簡単に。

原則としては、2011年内にテレビで放送、順位付けなし、1タイトル1話までで選んでおります。

  • 電波女と青春男 第6話 「リュウ『コ』さんの、なんちゅーか、もやーっと」
    綾奈ゆにこ/佐山聖子/間島崇寛
    シリーズで一番好きだったリュウシさんが、最ももやーっとする話。シャフト的に引いたフレームの中で不安定に動くリュウシさんが大好き。

  • ましろ色シンフォニー 第1話 「ましろ色の出会い」
    浦畑達彦/菅沼栄治/サトウ光敏
    特にAパートの静かさが好き。最高の出会いの演出。

  • 君と僕。 第5話 「いつかの夏」
    花田十輝/佐藤雅子/太田知章
    きみぼくは全体的に好きだけど、これがかなり「きみぼくらしい」のかなあ、と思う。

  • STAR DRIVER 輝きのタクト 第22話 「神話前夜」
    榎戸洋司/成田歳法、五十嵐卓哉/成田歳法
    スタドラはずっと面白かった。ラストは特に面白かった。ラストでもこれが特にスパイシーだった。

  • 放浪息子 第1話 「おんなのこって なんでできてる? ~Roses are red, violets are blue~」
    岡田磨里/あおきえい/あおきえい
    素晴らしい映像。あおきえいの仕事は本当にきれい。それから、岡田磨里の「第1話のうまさ」としても、今年はこれがベストかな。

  • うさぎドロップ 第1話 「りんどうの女の子」
    岸本卓/亀井幹太/亀井幹太
    シリーズ通して環境と動作の描き込みがすごかったけど、なかでも第1話が一番空気がにじみ出ていた。

  • UN-GO 第4話 「素顔の家」
    會川昇/三條なみみ/京極尚彦
    UN-GOはここでものすごく面白くなった。脚本点が大きい。風守。

  • 真剣で私に恋しなさい 第3話 「真剣で私に萌えなさい!!」
    高山カツヒコ/則座誠/則座誠
    変化球を入れるとこういうことになる。Bパート、まゆっちと松風の下らない漫才が大好きで、たぶん5回くらい見た。

  • 花咲くいろは 第10話「微熱」
    西村ジュンジ/篠原俊哉/羽生尚靖
    凝ってる。何ひとつ「普通」には見せずに、緒花の朦朧とした感じを世界に広げることに成功している。

で、10選といいながら実は9話しか選んでません。ピンドラとか、わりと期待しているタイトルをまだ見れていないので、席を1つ空けておこうという感じです。

他に候補に挙がったのは、『あの花』『アイマス』『へうげもの』『境ホラ』『Fate/Zero』『GOSICK』『まどマギ』『たまゆら』『ゆるゆり』あたり。今年はアニメの「空気感」をすごく楽しんだ一年だったなあ、というふうに思います。

来年も面白いアニメに出会えますように。

コメント


コメントを管理人にだけ表示させる

トラックバック

このエントリにトラックバック
お知らせ
最新のエントリ
カテゴリ

アニ☆ブロ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。