アニメの目

  • -- - -- --
カテゴリ:
スポンサー広告
コメント:
-
トラックバック:
-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ:
2009春期
コメント:
0
トラックバック:
0

咲-Saki- 第9話 「開眼」

タコスには華があるなぁ。調子が良くても悪くても。ちょっとシリアス展開もアホっぽい発言も。タコスを食べてもたこさんウインナーを食べても。

たかが半荘2回でこれだけ流れが変る麻雀なら普通に見てみたいかも。

結果だけなら風越キャプテンの一人勝ちだったんだけど、それまでに優希のペースを断ち切るために鳴いたり、優希と風越キャプテンで龍門淵をボコボコにしたり、そんな感じで優勢劣勢がハッキリしてて、こういう麻雀なら普通に楽しいかもしれないとか思いました。

ただ気配や流れから危険を察知してポンで一発をかわすとか、右目を開けたら対局者の牌を推測できたりとか、そういうトンデモ能力を必要としているのが辛い所だよ。

結局風越のキャプテンは20分過ぎから本領を発揮したわけですが、流石に強いですね。優希のサポートをしながらちゃっかり自分も上がりまくって圧勝。

一巡目、二巡目で優希にポンさせて、三巡目でロンとか、あのテンポの良さは天才的と言う他ない。場をあれだけ支配できると麻雀ってビックリするくらい楽しそうだ。

そんなこんなで超人の集いに参加してしまった鶴賀の先鋒さん。えーっと、津山さんだ。結構かわいそうな感じでしたがちょいちょい上がってたよね? 發のみとかだったけど。

今回はそんな感じでずっと先鋒戦だったから百合百合したネタとかなくてごめんなさい。
そういや天江衣が満を持して登場しましたね。なんかちょっとアレでしたけど…


『咲-Saki-』他の感想を読む

コメント


コメントを管理人にだけ表示させる

トラックバック

このエントリにトラックバック
お知らせ
最新のエントリ
カテゴリ

アニ☆ブロ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。