アニメの目

  • -- - -- --
カテゴリ:
スポンサー広告
コメント:
-
トラックバック:
-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ:
コミック感想
コメント:
0
トラックバック:
0

いけだたかし 『ささめきこと』 3巻 (MFコミックアライブ)

体育祭、学園祭。順当な学園物語が一大イベントとして取り上げたがる行事です。が、『ささめきこと』ではそれぞれ1話ずつ。たしかに大切なことも描かれているけど、でも突き詰めれば次のロッテ編への導入なんだと思います。

全文表示: いけだたかし 『ささめきこと』 3巻 (MFコミックアライブ)

カテゴリ:
コミック感想
コメント:
0
トラックバック:
0

いけだたかし 『ささめきこと』 2巻 (MFコミックアライブ)

特別絵がうまいわけではないと思うんだけど、時々ハッとするような絵があります。どーじんし作りで純夏にフラれた後ひとりで部屋に入って思わず泣いてしまったあの2コマ(72P)は秀逸と言う他ない。

全文表示: いけだたかし 『ささめきこと』 2巻 (MFコミックアライブ)

カテゴリ:
コミック感想
コメント:
0
トラックバック:
0

いけだたかし 『ささめきこと』 1巻 (MFコミックアライブ)

この秋からのアニメ化が決まっているタイトルです。実はアニメ化が決まる直前くらいから読んでいたんですけど、なんか感想を書くタイミングを逃し続けてついに放送直前までなってしまいました。

面白い漫画だし、書きたいことも沢山あるから1巻ずつ感想を書いていきます。

全文表示: いけだたかし 『ささめきこと』 1巻 (MFコミックアライブ)

カテゴリ:
コミック感想
コメント:
0
トラックバック:
0

作:三浦勇雄 / 画:山田孝太郎 『聖剣の刀鍛冶』 1巻 (MFコミックアライブ)

1ページ目にしてセンスの良さが伝わってきました。線が細くて綺麗な絵や、ページ構成、随所に現れる芸の細かさ、丁寧さ。かわいい箇所、かっこいい箇所、綺麗な箇所を不自然なく混在させられるのも見事です。ひょっとしたらこの山田孝太郎という漫画家さんはかなりすごい才能かもしれない。

全文表示: 作:三浦勇雄 / 画:山田孝太郎 『聖剣の刀鍛冶』 1巻 (MFコミックアライブ)

カテゴリ:
コミック感想
コメント:
0
トラックバック:
0

2009秋アニメ関連コミックス雑感

2009年秋開始アニメの原作、メディアミックスとなっているコミックスの感想をさらっと書きます。もうちょっと書きたいやつは別のエントリに書くかも。

『けんぷファー』『聖剣の刀鍛冶』『生徒会の一存』はラノベが原作なんで、コミック感想でアニメがどうこうを判断するのはちょっと無理かもしれないですね。

全文表示: 2009秋アニメ関連コミックス雑感

カテゴリ:
コミック感想
コメント:
0
トラックバック:
0

作:林達永 / 画:朴晟佑 『黒神』 11巻 (YGコミックス)

祝! エクセルたん復活!

前半は水華魅とエクセル、後半はクロと慶太の話でした。このふたつの話を同じ巻にまとめたのは、水華魅とエクセルの信頼関係がクロたちにとって手本とするべき関係だってことでしょう。

全文表示: 作:林達永 / 画:朴晟佑 『黒神』 11巻 (YGコミックス)

カテゴリ:
コミック感想
コメント:
0
トラックバック:
0

作:野村美月 / 画:高坂りと 『“文学少女”と死にたがりの道化』 (GC JOKER)

文字通り食べてしまうほど深く文学を愛する文芸部の“文学少女”こと天野遠子先輩と、成り行きで天才覆面美少女作家にまつり上げられてしまった過去を持つ男の子の井上心葉のミステリアスな学園コメディ。のコッミク版。

でもコメディはほんとに華を添える程度だったような。恋愛要素はあるんだけどラブコメには至らないし、しっかりコメディしてるのは遠子先輩ひとりだけなんじゃないかな。

全文表示: 作:野村美月 / 画:高坂りと 『“文学少女”と死にたがりの道化』 (GC JOKER)

カテゴリ:
コミック感想
コメント:
0
トラックバック:
0

作:三雲岳斗 / 画:あさづきりょう 『アスラクライン』 1巻 (電撃コミックス)

もうすぐ放送の始まる(早い所はもう始まってるようです)アスラクラインのコミック版です。いわゆるメディアミックス戦略も抵抗なく受け入れられるようになってきたのは、単純にメーカー搾取への感度が鈍っているということでしょうか。

全文表示: 作:三雲岳斗 / 画:あさづきりょう 『アスラクライン』 1巻 (電撃コミックス)

  • 04 - 03 2009
  • Oz
カテゴリ:
コミック感想
コメント:
0
トラックバック:
0

作:岩井恭平 / 画:刻夜セイゴ 『Oz』 2巻 (MFコミックアライブ)

先月末に発売になっていたOzの感想です。やっと書けました。

表紙はハルハル。こんなお胸ですが13才です。
どうもハルハルはGAIAに接続できないような貧困地域の出身らしく、Ozカードを手に入れたことで「搾取側」のGAIAに復讐をするべく送り込まれたらしいという身の上話もありました。

全文表示: 作:岩井恭平 / 画:刻夜セイゴ 『Oz』 2巻 (MFコミックアライブ)

お知らせ
最新のエントリ
カテゴリ

アニ☆ブロ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。